2017年02月19日
笹ヶ峰(1,859.6m)
林道登山口 ロープ岩場 ブナ林 笹ヶ峰山頂 ブナ林 ロープ岩場 林道登山口
8:10 9:10 9:40 11:10〜11:55 12:35 13:00 13:30

エントツ山さんの掲示板で、お仲間の皆さんと登られた笹ヶ峰を拝見しました。
当日(15日)私たちは、市内の南嶺を歩いていたのですが、どこまでもスッキリと晴れ渡った空、遠くの山々は真っ白に輝いて美しかった・・・そんな日に笹ヶ峰、しかも南尾根のあの急登を!
皆さんの楽しそうなご様子に素晴らしい眺め、私も行きたくてたまらなくなりました。(自分の体力も顧みず・・)

という事で、19日にやって来ました!林道大座礼線にある笹ヶ峰南尾根登山口。
本日も上々のお天気。
前日は高知市内も強風が吹いていたので、お山はきっと霧氷はあるでしょうと、期待していました。

 期待高まる眺め ガスも晴れて行ってる 

そして仰ぎ見る斜面には、期待を裏切らない霧氷が見えています。
雪は少なくなり、その分凍っているので、登り始めてすぐにアイゼンを着けます。
その後は急登の連続。

林道登山口より出発 すぐに急登 

ちょっと緊張のロープのある岩場を過ぎたら、お待ちかねのブナ林はもう近いです。
暖かいですからね・・・霧氷で白くなったブナの森、とまでは行かないですが、この辺りからささやかな霧氷が現れて来てテンションが上がります〜。

 待望の霧氷  ワ〜イ!!嬉しいなぁ!

霧氷があるのと無いのとでは大違いですものね。
一同満面の笑顔です。

 笑顔でパチリ(写ヒロさん)

ブナにヒメシャラ、ダケカンバの樹林帯を抜けると、一気に展望が広がります。
笹の向こうに、真っ白な山頂も顔をのぞかせました。
山頂が見えるここからの登りがなかなか長いですけどね・・・今日は絶景に歓声を上げながら、何度もシャッターを押しながら、ゆっくり登って行きます。
しんどいけど楽しい〜!!

 樹林帯を抜けて広がる眺め 真っ白な山頂が見えて来る 

登るにつれ、次々と変化して行く眺め。

 冠山 霧氷で変身〜 

背中に太陽が当たって暑い・・・延々と続く登りに汗が流れます。
でも締まった雪のお蔭で歩き易い。

 ただの木も変身  いい眺め〜!

冠山チチ山も、右手方向にクッキリと見えて来ました。

 樹氷とチチ山

そして左方向には石鎚山の雄姿。今日は登山者が多いかな?

 石鎚も顔を出す

さあ!下から見上げて真っ白だった霧氷の斜面に、いよいよ突入です。
ああ、きれい〜〜!!
サンゴのようなコメツツジの群落の向こうに、チチ山が浮かんでいます。
その後ろの、瀬戸内海にかかる雲も美しい。

 サンゴの海に浮かぶチチ山

四方八方眺めを楽しむ内に、ついに山頂に到着。
単独の男性が入れ違いに下山されて行って、山頂には私たちだけ。
もっと人が多いと思っていたのだけどね。

 いよいよ山頂へ  他に誰もいない笹ヶ峰山頂

山頂からの眺めも最高!
それにそんなに寒くないから、今日はここでお弁当タイムを過ごせそうです。

 北側の眺め

氷漬けの神様にお願い事をいっぱいする私。(見苦しくてすみません)
東には遠く剣山系の山並みが白くそびえています。

 神様にお願い事を・・(写わかめさん) 剣山系の山々 

北には霧氷越しに沓掛山
こんな絶景の中での、幸せなお弁当タイムです。
こんな日に登れて今日は本当に良かった!

 霧氷の向こうに沓掛山

 こんな中でお弁当

西条の街並みも、瀬戸内海もしまなみ海道も、今日は良く見えています。

 瀬戸内海もよく見えます

足元の小さな枯れ草にも、かわいい霧氷が付いています。

 足元の草にも霧氷 飛行機雲 

丸山荘へと続く北の登山道の霧氷は更に分厚い。
エビの尻尾がいっぱいですが、吹き付けて来る風も冷たい。

 堂々と石鎚山  北斜面の分厚い霧氷

名残り惜しいですが、私たちは陽の当たる暖かい南斜面へと、そろそろ下山です。

 南に太平洋 下山開始 

先日の雪降る中での伊吹山登山を思うと、今日はほんと最高です。

 名残り惜しい眺め

 下るのは速いです(写ヒロさん)

下るのは速い速い。
登りにはあった霧氷も、かなり減ってしまいました。
雪も緩み、時折ズボッと踏み抜いては悲鳴を上げつつ、どんどん下って行きます。
途中、登って来られてる若い男性とすれ違いました。
本日見かけたのは計お二人だけ。
ちょっと意外でした。皆さん別のお山に行かれたのね。

 笹と残雪の斜面 ブナ林まで下りる 

岩場を通過し、急登に喘いだ道を今度は笹につかまりながら下山。
雪も徐々に無くなりましたが、アイゼンは着けたままで無事登山口に下山しました。

登山口には依然私たちの車だけ。
あれ?だとしたら、さっきすれ違ったお兄さんはどこから?
寒風山経由の縦走予定で寒風登山口に下山で、車はそこに置いて林道を歩いて来られたのでしょうかね?
・・・なんて想像を巡らせた事でした。

 要注意のロープのある岩場 満足の下山(写カツオさん) 

『楽しかったねぇ!!きれいやったね!』と大満足のメンバー。
明日はお天気が崩れるようですが、今はまだ真っ青な空。
良い日に登れて本当に良かった。

帰りの林道走行中に、長又の滝手前で子供のイノシシさんが飛び出して来ました。
今日のおまけ?のかわいい出会いでした。(一瞬だったけど)

カツオさん、いつも運転ありがとうございます。
わかめさん、高知のトンちゃんたち、一緒に行ってくれてありがとう!
お疲れさまでした!