2017年02月12日
伊吹山(1,502.8m)
寺川登山口 上の登山口 ワサビ小屋 シラサ避難小屋 シラサ峠 伊吹山山頂 シラサ避難小屋
9:10 9:40 10:20 11:15〜11:25 11:30〜11:40 12:25 12:55〜13:25
ワサビ小屋 上の登山口 寺川登山口
14:00 14:15 14:40

風邪を引いてしまい、2週間ほど山を歩いていません。
今日は例会で伊吹山山行の日です。
あの登山口までの道は、ちょっと自分で運転して行く自信がありません。
昨年は、これまでで一番素晴らしい霧氷に出会えた伊吹山、今年も是非行きたいと早々から参加申し込みをしていました。
体調が少し不安ですが、まぁ何とかなるでしょう・・・。

折りしも大寒波がやって来て、天狗高原は38cmの積雪だとか。
山間部では雪も降り続いているようで、果たして登山口までも行き着けるのかしら?と心配しましたが、当日の積雪は思った程では無かったです。

長沢ダムを過ぎたら、遠くに真っ白な山が見えて来ました。岩黒山のようです。
吉野川も浅い所は凍っていて、とっても幻想的な眺め。

 車窓より アメゴ養殖場手前付近 子持権現かな? 

東の方から雪雲がやって来ているのが、ちょっと気がかり・・・青空よ消えないでね。

早くあそこへ行きたい 東から雪雲がやって来ている〜 

2013年に”凍結道路工事”で難儀して以来、伊吹山には白猪谷バンガロー上にある林道行詰めの下の登山口から登る事にしています。

 ヘアピンカーブを下りる  ワサビ田跡の登山口に到着

準備をして出発。積雪は歩き易い程度で、思った程ではありません。
気温も特に寒いという程ではないです。

 出発 谷沿いの道 

でも・・・青空がどんどん無くなってる〜予報では、12:00〜14:00は晴れ間が出る、という事なんだけど。

 青空さん消えないでね・・・

30分ほどで上の登山口に到着。
雪も深くなりましたが、車が2台停まっています。(ジープとジムニー)
ここでアイゼンを着けました。

 緊張の木橋を渡る 上の登山口に到着 

ワサビ小屋に到着した頃には、青空はすっかり消えてしまいました・・・あ〜あ。

 ワサビ小屋  渡渉しながら

雪も降って来ました。
尾根に出るまでの急登はしんどかった〜。しばらく歩いてないもんね。
ふくらはぎは痛いし、鼻が詰まって苦しい・・・。何度鼻をかんだ事やら。

 雪の中進む  この後登りが急になる

やっとなだらかな道になり、しらさ避難小屋が見えて来てホッとします。
避難小屋にてすこしばかり休憩の後、再び出発。
標高も上がり、さすがに気温もかなり低くなって来ました。風もあって寒い。

 シラサ避難小屋へ  この辺霧氷なし

・・・が、去年はこの辺霧氷が満開だったよね?今日はまだ見当たりません。

 手を広げるブナ

シラサ峠まで出ると、先行していた本日のリーダーのレーサーさんから『じいじさんが来ている、先に行った』
とのお知らせ。
曇ってしまって石鎚山も見えず、ちょっとテンションも下がり気味でしたが、嬉しいお知らせに気分も軽くなりました。
それに霧氷も出て来ました。良かった!

 シラサ峠(写カツオ氏)  石鎚は見えず・・・

ここでアイゼンを外し、久しぶりにスノーシューを履きます。
そして車道歩き。
最初は楽しかったけど、結構太腿が疲れます〜〜。
周囲の霧氷はきれいだけど光が無いし・・・道は登りだし。(すぐに弱音を吐くオバサン)

 久しぶりのスノーシュー スノーシューのメンバーが先行 

やっと登山道へと入って行きます。
やっぱり山道の方がいい!!

 ここから登山道へ やっぱり山道はいいです! 

皆さんも満面の笑顔。

 はいポーズ(写アミ姫) 皆さんいい笑顔です 

ああ、これで青空があればね〜。(欲張りです)

 青空が欲しい・・・

山頂では、じいじさんたちが待っていてくれました。(寒い中ありがとうございました)
約1年ぶりの嬉しい再開。
でも風が吹き付け、雪も降りしきる寒い山頂、ゆっくりも出来ないです。

 山頂が近付く じいじさんたちと 

暖かい穏やかな山頂で、絶景を眺めながらお弁当タイムを過ごした去年が思い出されます・・・。

 伊吹山山頂

早々に下山。
瓶ヶ森を望みながらの最高の場所も、今日は何も見えず残念です。

 早々と下山 元来た道を戻る 

車道下に広がるブナ林の霧氷は素晴らしい・・・でもモノトーン。

 町瓶線下方の霧氷

一瞬陽が射しますが、すぐにまた暗くなる。雪もずっと降ってる。
帰りは下りなので楽に歩けるのですが、運動不足の老体に久しぶりのスノーシュー歩きは堪えて、時折太腿が攣って来ました〜。

 一瞬の陽射し 車道歩き 

避難小屋にてお弁当。(先に着いていたじいじさんたち、大勢でお騒がせしました)
お弁当と言っても、こんな時はそうそう食べられるものじゃないですよね。
早々に下山準備、スノーシューからアイゼンに変えて、朝も飲んでいた芍薬甘草を再び服用。
外に出ると、雪はより一層激しくなっていました。

 降雪量が多くなる 雪降る中下山 

朝は苦労して登った斜面ですが、下るのは速い速い!

しかし・・・ワサビ小屋手前で、両太腿内側が攣り出しました〜〜アイタタ・・・。
水分を摂り、今度はアミノバイタルを飲んで、何とか持ち直します。
ところが下る内に、また・・・痛い痛い!今日は塩を持っていない。
メンバーから塩をもらって舐めます・・・辛い!(当たり前)
何とかそれで痛みも治まりました。
鈍った身体を酷使したもんね、老体は正直です。

 登りは苦労したけど・・下りの速い事! ひたすら下って 

音も無く降り続く雪の中、ひたすら下山。

 上の登山口に下山 降り続ける雪 

転ぶ人も無く、全員無事に下山
登山口に停めた車にも、雪が積もっています。
止みそうもない雪、明日はもっと積雪も増える事でしょう。

 下の登山口に下山 車道沿いのツララ 

この所青空&霧氷に出会えていません・・・。
でも、今日は雪遊びがたっぷり楽しめました。霧氷もきれいだった。
皆と歩いてこその、楽しい雪山です。
リーダーさん、雪道運転の4人様、皆さんどうもお疲れさまでした!