2017年01月23日
長坂山(赤滝・白滝)
ゆめの森公園登山口 岩屋 小屋 赤滝 白滝 尾根分岐 瀬戸石 しもなの郷登山口
8:10 9:15 9:40〜10:05 10:15 10:35 10:45 11:15 12:05

土佐路にも寒波がやって来て、山間部では最低気温が氷点下の日が続いています。
そうなると、そろそろ気になるのが長坂山赤滝・白滝
折りしも高知新聞に旧本川村長沢の、大瀧の滝(おおたびのたき)が氷結した写真が掲載されました。
落ち着かなくなって来た所に、タイミング良くアカリプタさんから赤滝白滝の画像が届きました。
単独で見て来られた彼の情報では、少し物足りない感はあるものの、そこそこに氷結しているようです。
早速私たちも計画をしました。
メンバーの都合もあり、23日に行く事に決定。
お天気がちょっと心配ですが、冷え込みが続いているので滝は期待出来そうです。

さて当日・・・まだ陽も差し込まない、ひっそりとしたゆめの森公園
積雪は思った程では無いのでアイゼンは着けずに出発。

 静寂のゆめの森公園 他に車は無し 

つづら折りの急登、やせ尾根の急登、またつづら折り・・・ひたすら登る事約1時間。
ひと区切りのポイントの安徳天皇岩屋までやって来ました。
雪が舞っていて、期待していた中津明神山もガスの中です。
ここはね〜ひたすら登った後、樹木の向こうに見える中津明神山に元気をもらえる場所なんだけどな・・・。

やせ尾根の急登 ひと区切りの場所に到着 

積雪の中休むような場所も無いので、そのまま通過します。

 安徳天皇岩屋  岩穴があります

この後しばらくはトラバース道。
雪の下に隠れてる岩に足を取られないよう、用心しながら歩きます。

 ガスがかかる中津明神山方面 分岐を左手へ 

遊歩道とは言え、かなりの厳しい道。
滝を見るのはなかなか大変です。
やっと休憩小屋が見えて来たので、滝を見る前にとりあえずここで休憩する事にします。
折りしも、雪も風も強くなって来ました。
小屋の戸もカギも凍り付いていて、開けるのにちょっと手間取りました。

 休憩小屋が見えて来ました ヨイショヨイショ・・(写カツオ氏) 

まだ10時前ですが、軽い物を摂りひと息つきます。
外では風が音を立てて唸っていて、隙間からは雪が入り込んで来ています。
こんな天候の時、小屋はほんとに有難いですね。
もう今日は長坂山山頂へ行くのは止めて、滝を見たら下山しよう、という事で意見は一致。
小屋でアイゼンを着け、再び外へ出ると・・・すごい雪!視界もより悪くなりました。
折角来たのにね〜。
ま、ここまで来たからには進まなければ。

 天気は悪化 雪も多くなる あそこを登れば・・ 

小屋から約10分、いよいよ赤滝と対面です!
『見えたで〜』と、前を行くカツオ氏の声。

 滝を楽しみに登る(写カツオ氏)  赤滝

岩肌が所々出ていてちょっと迫力に欠けますが、それでも見応え充分。
苦労して登って来てこそ会える眺めです。

 厳冬期の自然の成せる芸術作品

そして白滝へ。
霧氷のトンネルならぬ、雪化粧した樹木のトンネルをくぐって行きます。

 雪木立ちのトンネル 白滝目指して進む(写カツオ氏) 

この辺り凍っていて、以前は危なかったですが、今日はアイゼンのお蔭で安心。
落ちて来たと思われる、大きな氷の塊も転がっていました。

 鍾乳石みたい 氷のナイフ 

白滝は、アカリプタさんの情報通りなかなか迫力があったのですが、降りしきる雪の中ぼんやりとしか見えなくて残念でした。
とても留まって青空を待つような状況ではなかったし・・・。
でも見る事が出来たから充分です。

 白滝

安全第一。
白滝の先にある分岐から長坂山へと向かう矢印だけ見て、今日はもう下山。
雪はマシになり、時折青空ものぞき出しますが、中津明神は見えぬまま。
それよりもとにかくここからは急降下の連続なので、足元に要注意です。

 分岐より下山 遠くの稜線は依然ガスに隠れてる 

瀬戸石まで下ってホッとしますが、実はここから先の下りがもっと大変なのです。

 急降下が一旦終わって 尾根にある瀬戸石 

『腰の曲がった80過ぎのおばあさんみたいや〜』なんて後ろの人が笑っていますが・・・本人は必死。
岩や木の根っこのあるジグザグの急降下に、ロープのあるザレ場に急斜面・・・余裕の無い私です。
標高が下がって、雪よりも土の方が多くなって歩きにくいですが、アイゼンを外すのもまだ不安。

 この後の下りが大変・・・ 慎重に下る 

やっとなだらかな歩きになった所で、アイゼンを外しました。
ああ足が軽くなった!
と、気の緩んだ所で、階段の枕木で足を滑らせ尻餅をついてしまいました〜。

 ここでアイゼンを外す 最後は長い階段の下り 

延々と階段を下り、しもなの郷登山口に無事下山。
お天気は依然同じような状況、雪も相変わらず降っていて、中津明神方面は殆ど見えません。
今日は滝見だけで下山して良かったです。

 しもなの郷登山口に下山 周回終了(写わかめさん) 

下山口から駐車場所に戻るまでの道に、ロウバイが咲いていたのを思い出しました。
寒空の下、冷たい風に吹きつけられながら、健気に咲いていましたよ!
ロウバイさん、また来年も会いたいものです。(元気でいなくてはね)

 咲き誇るロウバイ

予定よりもずい分早い下山となりました。(お弁当も食べていない)
雪降るゆめの森公園を後にして、まずは中津渓谷入口にあるゆの森へ。
お風呂で汗を流し温まった後は、レストランに移動してランチタイム。
窓ガラス越しに、メジロさんがミカンを啄ばんでいるのが見えます。
外は雪が降ってるけど、暖かい室内で美味しく楽しいランチタイムを過ごしました。
厳しい登山道の登り下りで幾分か消費された脂肪も、これでまた元通り(それ以上?)になりましたが、それはそれでまぁいいです。
念願の滝も見られたし。

でも次回の雪山は、青空に出会えますように!