2017年01月15日
   野地峰1,279.4m)〜黒岩山1,341.6m
山村広場 ツララの名所 野地峰山頂 黒岩山山頂 ブナの森 野地峰山頂 ツララの名所 山村広場
9:30 10:25 11:00〜11:15 12:20 12:30〜12:50 13:55 14:20 14:50

今日は県連行事で毎年恒例の雪山入門に参加します。今年の場所は野地峰〜黒岩山
これまで何度も行きかけては辿り着く事の出来なかった黒岩山に、さてさて今回は行けるのでしょうか?

年明けから暖かい日が続き、雪はあるのか?と心配されましたが、直前に寒波襲来となり、四国も山間部は雪となりました。
そうなると今度は、吹雪とガスで何も見えないのでは・・・?それはイヤだなぁ・・・と心配。
軟弱者は何と言っても”雪の降った後の快晴・無風”がいい。
ともあれ中止にはならず、予定通り実施となりました。

雪道を走行し辿り着いた白滝自然王国の上にある山村広場
秋には謝肉祭で賑わう広場もひっそり・・・暗い空から雪が舞っています。

 人影も無い寒い山村広場 準備をして 

今日もカッパのズボンを着用、動きにくい〜。
(後日見た写真では、ダルマのような自分が隅っこに写っていました・・・)
雪降る中総勢26人、私たちの山の会14人は、7人ずつの2班に分かれ出発です。
積雪量は少ない。
まずは、つづら折りの樹林帯を登って行きます。

出発です ここから左手登山道へ 

楽しみにしていたのはここ。
登山道のほぼ中間点にある、ツララの名所。
深い雪の中一枚のカーテンみたいになっていた年もありましたが、まだ極寒とは言えない今年はちょっと中途半端な凍りようです。
が、それでもここはやっぱり一見の価値あり。皆で記念撮影をしました。

 ツララはちょっと緩め

相変わらず雪の降り続ける中、またまたつづら折りの道を登って、山頂が近付いて来ました。

 雪道を登る 間もなく山頂 

雪の無い時季なら、野地峰山頂までは1時間程の所要時間です。
今日は雪道だし、途中衣服調節をしたり人数も多い事もあって時間がかかり、予定より30分遅れの野地峰登頂となりました。

 首なし地蔵のある野地峰山頂 僅かに霧氷が着いてる 

山頂でも相変わらずの雪、視界もありません。木々にはうっすらと霧氷が着いています。
風もあります。
ほんの束の間、青空が見えましたが・・・すぐにまた雲に覆われます。

・・・こんな天候で黒岩山に行くのかな〜もう野地峰だけでもいいけど・・・と弱気の私。


 束の間の青空

天候は回復しそうも無いですが、黒岩山山頂到着12:30をタイムリミットとして、先へ進む事になりました。
ま、皆と一緒だし!
気を取り直して再び出発。

 黒岩山へと進む  ステキな木立(色があればね・・)

風が音を立てて唸っています。
が、幸いにもこの尾根道は風が当たりません。
そうでした・・・以前猛暑の時にここを歩き、尾根道だから北からの涼しい風が流れて来るだろうと期待したのに全く風は当たらず、結果暑すぎてリタイアしたのでした。

 尾根道を行く

結構アップダウンがあります。
雪の下は、凍っていたり岩だったりで滑るので慎重に・・・。
2011年スノーシューで歩き、疲れ果ててリタイアしたピークまでやって来ました。
ここからは初めての道。
タイムリミットまで何とか間に合いそうだし、ここまで来たらね〜行かなくては!

 登ったり 下ったり 

ところがこの先にはものすごい急登が待ち構えていました〜!!
前を行く人たちが懸命に雪を蹴り込んで、ジグザグのトレースを付けてくれています。
吹き付ける風の音が臨場感を煽ります。
木や根っこにつかまり、時には四つん這いになり、メンバーの助けも借りて、やっと登った私でした。
・・・これは下山がまた大変やわ・・・アイゼンも着けなくては・・・。

 
 難所の急登 クネクネの木 

急登を凌ぎ、細い尾根を登り着いた先が黒岩山山頂でした。
山名標識も見当たらない。
寒風吹きすさぶ中、大急ぎで集合写真を撮り、下の窪地になったブナの森へ移動します。
そして・・・八方ブナにやっと会えました。

 黒岩山山頂 これが八方ブナ 

お天気良かったらね〜。
ここでもっとゆっくりしたかったです。

 やっと会えました

八方ブナの下の窪地で休憩タイム。
とてもゆっくり過ごせるような状況ではなく、そそくさと手軽な物を流し込んだ感じ。(お弁当は手つかず・・)
それでも身体は冷えて行きます。
カメラのシャッターも、凍って開かなくなっていました〜。

 雪の中で休憩タイム ブナ林から下山 

この場所が一番寒かったように思います。
ブナの森が広がるステキな場所、日を変えてまた是非訪れたいものです。
今日は、ひたすらモノクロの世界でした。

 モノクロの世界 左の尾根に出て下山 

下山時、一瞬青空が顔を出してくれました。

 一瞬の青空

でも、すぐにまた暗くなる空。
そして難所の急登の下りは、アイゼンのお蔭で何とかクリア出来ました。

 気まぐれな空 すぐに消えてしまう 

元来た尾根道を戻って行きます。
時折気まぐれのように青空がのぞくけど、ほんの束の間。

野地峰山頂が近付く頃には、結構足が疲れて来ました。
(この所膝は、下りよりも登りの方が痛みます。今日もずっと痛かった。)

山頂で待っていてくれた先発のグループと合流し、全員揃った所で下山。
後はもう下るのみです。

 反射板の広場まで戻る もう下るのみ 黒岩山はガスに隠れる 

ずっと雪も降り続いているので、登山道の積雪も朝より増えています。
ツララは、朝より更に緩んでいました。
この先寒さが続けば、もっと白くなって迫力も増して来る事でしょう。

 朝より緩んだツララ 早天山 

ジグザグジグザグの道を下り、山村広場まで無事下山。
お疲れさまでした。

今日の山は”雪山入門”というより雪山訓練という感じだったな・・・。
皆と一緒でなければ、あんな雪降る中、風も強い中、とても黒岩山まで行けなかったでしょう。
仲間のお蔭で、念願だった野地峰〜黒岩山にやっと行けました。
帰宅後は何はともあれお風呂に飛び込み、その夜は早々から眠りに就いた私でした。