2016年12月24日
   剣山1,954.7m
見ノ越P 剣神社 西島 刀掛ノ松 頂上ヒュッテ 剣山山頂 次郎笈分岐
9:05 9:15 10:15 10:35 11:05〜11:25 11:35 12:05
大剣神社 西島 剣神社 見ノ越P
12:35 12:50〜13:05 13:35 13:40

先日はお馴染みの工石山を歩いた後、大滝山を眺めながらの美味しいお鍋を囲んだ山行をしました。
雪道でしたが、暖かい晴天に恵まれ、お鍋の後には久しぶりの大滝山にも登るという、おまけ付きの楽しい一日を過ごしたのでした。
しかしながら・・・やっぱり年内に霧氷に出会いたい!出来れば青空の下で。
という事で、24日に再びお山に向かう運びとなりました。
3度目の正直で寒風山へ、と思ったのですが、こちら方面は当日は雲に覆われる予報みたい・・・。
それならば、危険個所も無い剣山にしよう、と計画をしたのでした。

夜明け前の6:30南国ICに入り、一路見ノ越へ。
でもでも・・・暗い〜。夜が明けてもどんよりした空、山にはガスがかかっています。
見ノ越到着時には雪も降っていて、閑散とした駐車場でザックカバーも付けての出発。

 閑散とした見ノ越駐車場 雪の散らつく中出発 

ちょっと車酔いもしてしまい、テンションも上がらぬまま登って行くと、早くも下山されて来るお兄さんと出会いました。
『上は一面ガスの中、風も強く吹雪状態です。次郎笈の方には行かない方がいいですよ。今日はずっともうこんな感じでしょうね。』との事。
内心ガックリしつつも『霧氷はどうでした?』と尋ねると『西島から上は”エビの尻尾”が見られます。』って。
目的は霧氷ですからね・・・エビの尻尾と聞いて、俄然元気が出て来ました。
アイゼンも必要無いみたいです。

霧氷が現れる 西島が見えて来る 

お兄さんの言葉通り、西島手前から霧氷が出て来ました。
登るに連れ、霧氷の長さも成長して行きます。

 西島 刀掛けの松 

そして刀掛けの松を過ぎた頃には、徐々に青空が顔を出してくれたではありませんか!
やった〜〜!一気にテンションが上がり、足取りも幾分軽くなって来ましたよ〜。

 青空がのぞき出す
待望の青空&霧氷! 

 頂上ヒュッテ下の霧氷

霧氷を楽しみながら程なく頂上ヒュッテに到着。
2014年1月には−11℃の中、凍えながらの行動食を摂ったヒュッテですが、今日は寒さも感じません。
温度計が無くなっていましたが、気温はここで0℃だったようです。
食事をしている内に、青空はどんどん広がって行ってます。
早く山頂に行きたくて、まだ他のメンバーは食事中というのに、ひと足お先に上に行ってしまった私です・・・。
(自分勝手ですみません)

 頂上ヒュッテで休憩  気温0℃

わぁ〜〜!!
待望の青空が広がっています!

 青空が広がる

風も無いし、寒さも感じません。嬉しい限りです!

 山頂へ フェンスにもエビの尻尾 

ここは別世界。
待望のエビの尻尾も!フェンスにも規則正しい幾何学模様のエビの尻尾が着いています。

 純白の巨大サンゴ?  熱心に撮影するメンバー

嬉しくてどんどん足は先に進みます。

 木道手すりにもエビの尻尾 剣山山頂 

山頂を過ぎる頃、次郎笈の姿もガスの中から顔を出し始めました。
山頂下の斜面の霧氷も素晴らしい!

 槍戸山 次郎笈も顔を出し始める(写かく子さん) 

振り仰ぐ眺めも最高。

 見上げる剣山山頂

行きたい!行きたい!
次郎笈までは無理としても、せめてコルまでは下りたい。

 斜面北の霧氷 次郎笈が呼んでる〜 

 純白のクリスマスツリー

見上げる眺め、見下ろす眺め、右も左も・・・どこを見てもきれい!

 枯れ木と次郎笈 飛行機雲がいっぱい 

やがて全貌が現れた次郎笈、まぁ・・・北斜面一面の霧氷の美しい事!
カツオさんたちはまだ下りて来ません。上で撮影してるようです。
早くこの眺めも見て欲しいな、と待っていましたが、彼らは登って来た道を青空になった今再び写したいと言う事で、元の道から下りるという連絡。
かく子さんと私は、次郎笈分岐からトラバース道経由で、西島にて落ち合う事にしました。

 全貌が現れた次郎笈

剣山山頂から次郎笈分岐までは足跡がありましたが(1名)、この先はシカの足跡だけしかないトラバース道。
背中に暖かい日差しを浴びながら、次郎笈や三嶺を眺めながらの楽しい歩き。
下手な鉄砲のシャッターを、何度押した事でしょう。

 トラバース道を行く 霧氷のトンネル 

霧氷のトンネルも最高!

 突入!

三嶺の姿もスッキリ見えて来ました。

 霧氷越しの三嶺

大剣神社のご神体も、霧氷の向こうに見えて来ましたよ。

 霧氷の向こうにご神体 

陰地になるこの辺りの道は、内心ちょっと不安だったのですが、幸い凍っては無くてザレ場も無事通過出来ました。

 霧氷に囲まれて 水場の上部(凍って無くてひと安心) 

下のトラバース道は通行止めなので、大剣神社まで登り返し西島へ向かいます。

 大剣神社 霧氷見物もそろそろお終い 

先に到着していたカツオさんたちと合流し、三嶺を眺めながらコーヒータイム。
ここでやっと、落ち着いて座った気がします。
たっぷり霧氷を観賞出来て、大満足の美味しいコーヒーでした。

 西島 左手大剣神社への道 下のトラバース道は通行止めです 

今日はアイゼンは不要の程良い雪道歩き、西島からも快調に下る事が出来ました。
朝は凍っていた見ノ越までの国道も、帰りにはすっかり融けていて良かったです。

 三嶺さんさようなら〜 いただきま〜す(写わかめさん) 

京上まで帰って来た所で、やなもとお蕎麦屋さんに寄り道。
挽きたての美味しいお蕎麦をいただいて、帰路に着きました。

これにて今年の山歩きは終了。
暖かい山頂で、待望の青空&霧氷を満喫出来て、大満足の嬉しい登り納めとなりました。
付き合ってくれたメンバーに感謝です。
カツオさん長距離運転もありがとうございました。

皆さん良いお年をお迎え下さいね。
初登りはどこのお山にしようかな?なんて考えておられる事でしょう。(もう決めてるのかな?)
来年も変わらずよろしくお願いします。