yamame.gif        dream_leaf_craft     工房 葉夢

 

鱒を釣る方法も様々

スプーンを自作

STSを使う理由

blog

 

ホーム

      

hamurogo2.gif

 管理釣り場の釣りは、一見簡単に釣れそうに見えますが、実は奥が深く、考えさせられます。ロッド、リール、ライン等道具も様々です。中でも使用するルアーは制限があるものの、その種類は数えきれません。また、これらの道具を使って、鱒を釣る方法も様々です。

 いかに自分の思いどおりに鱒を釣るかが、管理釣り場の面白さです。釣るためにはいろいろと考えさせられます。釣堀のように釣れることはありません。そこが面白いところでもあります。

 対象魚の鱒は、常にルアーの色、形、動き方を学習します。また、新しく放流された鱒も先住の鱒から引継ぎを受けているのかと思うほど学習が早いです。鱒が反応するルアーは、刻々と変化するのです。

 私が主に使用するルアーはスプーンです。スプーンにこだわっている理由は、スプーンがただの金属片でできていてシンプルであることです。ゆえに釣り方を工夫する必要が他のルアーに比べ多いことにあります。金属で作られたスプーンは、キャストした後着水し底に沈んでしまいます。リーリングやロッドアクションによって、ただの金属片が、鱒にとって魅力のあるものとなるのです。

 スプーンは、一日を通してみると、朝夕、放流直後などは鱒の反応がいいですが、昼間になるとかなり反応が鈍ってきます。自然の魚でも朝夕は反応がいいものですが、昼間になると釣り人が増え、鱒は警戒するのです。このような状況となった場合、いかにして鱒の気を引くスプーンを使用し、釣り方を選択するかが釣果を大きく左右します。

 これまで、数年間一年の約4分の1を管理釣り場で過ごし、市販されている様々なスプーンを使用して、その特徴を実感してきましたが、もともと物を作ることの好きな私は、いつしかスプーンを自作するようになり、それで釣れることが最大の楽しみとなってきました。

 

http://outdoor.geocities.jp/dream_leaf_craft/
プライバシーの考え方 - ヘルプ - 利用規約 - ガイドライン
Copyright (C) 2007 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.