日程: 平成25年6月23日(日)

                    集合: 9時30分                 セレモニー: 9時30分     記念樹に手入れ&植樹: 10時50分

                    昼食&交流会: 12時00分           解散: 13時10分

   

  2011年の大震災からの復興を祈念して植樹したブナの記念樹のオーナーおよびその後にオーナーとして植樹した方々など26名が参加して開催されました。法人の代表者から、挨拶を兼ねて、植林の意義、記念樹の発育具合や手入れの仕方、また当法人のこの後のイベントなどの説明があった後、各々の記念樹を中心としたブナの幼木の手入れや周りの雑草の刈り払いを行いました。幼木の中には昨秋やこの春先にカモシカやウサギなどにその途中から食べられたものもあり、新たに植樹されたものもありました。発育の良い幼木は、1mを超えていました。

  昼近くなって、手入れを終えてどんぐりの広場に集まった参加者の皆さんは、前日から採取・調理したどんぐりの森の山菜の鍋やテンプラなどに舌鼓を打ちながら、各参加者が復興の森や記念樹に寄せる思いなどを発表しあい、相互に交流を深めました。

  

ブナ森の記念樹のオーナー初夏の交流会および植樹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主催者の話・注意事項を真剣に聞いていただいています。

 

 

 

 

 

幼木の手入れ:  3年目になり、ブナの幼木も1mを超えだしました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフが前日から用意して作った山菜料理中心の昼食が始まった

 

 

 

 

 

 

 

恒例?の参加者によるスピーチ