最 新 情 報

     当法人あてに入った外部からの連絡や情報などの項目やその概要を記載

                                                                     詳しい情報・資料を知りたい場合には、事務局にご連絡ください。 

 

入手月日

情 報 の 項 目 ・ 概 要

 

 

11月8日

ユネスコ・エコパーク講演会: 市役所政策財政課  日時: 11月19日(火)13:30〜16:00、 場所: 市役所十和田湖支所3F 多目的ホール於

  講演: ‐さな自然を見る旅; 河井大輔氏、▲┘灰僉璽・人と自然が共生する社会の実現を目指して; 酒井暁子氏(横浜国立大)

  予約が必要なようです。 出席希望の方は川村までご連絡ください。

11月5日

第7期青森県地球温暖化防止活動推進委員の公募: 青森県環境生活部環境政策課より

  自薦・他薦あり、事務局に応募申込書あり、詳しくは次のホームページを参照されたし  http://www.pref.aomori.lg.jp/nature/kankyo/earthranger.html

10月3日

セミナーの開催案内: 課題: "人と人がつながるコミュニテイデザイン" 山崎亮氏(studio-L代表、京都造形芸術大教授)

 十和田湖会場; 10月27日14:45〜16:30、場所; ホテル十和田荘 1F八甲、 スポンサー; 青森県地域活力振興課"人口減少時代の地域づくりセミナー"、 入場無料

8月3日

当法人の自然エネルギー活用への取り組み東奥日報(8月3日付)に掲載されました。

 2030年、原発依存から自立へ、自然エネ 活用模索、十和田のNPO 提言書作成へ と題するもので、12月に予定している"農地・山野・河川・農業用水などを利用した、農業生産と共存できる地域中小規模自然エネルギー発電"に関するフォーラム開催への取り組みや準備に関する内容でした。

7月16日

TOHOKU EPO通信 vol. 16 の配布を受けました、東北環境パートナーシップオフィスより、東北6県の環境NPOの活動や取り組みが紹介されています。

  去年、当法人が受けたインタビュー記事も掲載されています。 

7月8日

7月6日に実施した"どんぐりの森ホタル観察会"のようすがデーリー東北に掲載されました。

6月18日

平成25年度"出前トーク"事業への申込みについて、県庁広聴課より、申し込みは当該事業のHPへアクセスされたし。

      http://pref.aomori.lg.jp/kenminno-koe/demae-talk.hml

6月17日

助成金申請: 十和田市

6月5日

助成金申請: NEDO

5月17日

ゲンジボタル幼虫放流会の記事がマスコミに掲載されました: 東奥日報、デーリー東北

4月15日

助成金申請: 日本財団

3月29日

NPOあおもりNPOサポートセンターより、 ANPOS通信 2013年vol.3 の送付を受けました。

3月12日

NPO情報誌"ブリジン"No 24  の送付を受けました(県文化・NPO活動支援グループ)。

内容: 公共支援事業によるモデル事業、災害介助犬育成活動、エコタウン推進事業、市民ファンド、助成情報など。閲覧したい方は要連絡。

3月3日

第1回NPO地域活動資金助成の選考結果の報告が届く。2次選考の結果、当法人のプロジェクトが決定した旨の内容であり、三役会議の同意を得て、3月11日に受託書を同基金宛に送りました。このことが、市民ファンド〜青い森コミュニテイ基金の会報(3月28日発行)に掲載されました。 

  ロジェクト課題: 農家による農業生産と共存できる中小規模風水力発電事業の提言とその意義に関するフォーラムの開催

2月20日

公益財団みちのく・ふるさと貢献基金より教育・福祉・環境助成 公募要領    

       募集期間: 4月1日〜6月末  詳細は事務局  当法人として応募したいと思っています。 応募内容について、アイデアをお願いいたします。

2月11日

青森県生物多様性地域戦略の策定に係る"県民ワークショップ"の開催

           日時・場所: 八戸会場; 2月28日13:30〜、八戸ニュートリー於

       内容:     青森県生物多様性地域戦略について(青森県自然保護課)、講義; 私たちの暮らしと生物多様性(東北大、中静教授)、

               実践; 私たちの誇れる青森県の生物とそれを活かした生活とは?(グループ討議)    主催: 青森県自然保護課

2月10日

十和田文化センター利用説明会の開催 

       日時・場所: 市民文化センター於 2月28日 午後2時〜 または 午後6時30分〜

          これまで種々の会議に中央公民館を利用していましたが、当該施設の建て替えに伴って文化セン

           ターを利用しなければならなくなるものと思われます。

             事務局から、どなたかの出席をお願いいたします。                            主催: 十和田市教育委員会生涯学習課

2月28日 

青森県生物多様性地域戦略の策定に係る県民ワークショップの開催 

   内容: 県の策定に関する説明、講演2題(暮らしと生物多様性、青森の生物を活かした生活とは)  事前に申し込み登録が必要; 事務局に乞う連絡

   日時・場所: 八戸会場; 2月28日、13:30〜16:30  八戸ユートリー 多目的中ホール於           主催: 県自然環境グループ

2月6日

平成24年度地域づくり研修交流会:  場所; 八戸ユートリー 多目的中ホール於   期日 2月6日(水) 13:15〜

1月28日

青い森地域創造基金 第1次審査合格 最終判定は3月上旬とのことです。 結果が楽しみですが・・・・・

1月11日

平成24年度地域づくり研修交流会   八戸ユートリー於   期日2月6日13:15〜   主催: 青森県市町村振興協会  

   講演: 震災からの復旧・復興と地域づくり活動  講師: 岩崎昭子氏 (岩手県釜石市、宝来館 女将)

2013年

1月7日

地球環境基金 活動助成金の募集  当法人応募済み  課題: 間伐材を利用したバイオマスの有効利用を目途とした起業化と地域の活性化に関する検討

12月21日

平成24年きれいな水循環フォーラム  青森国際ホテル於  期日 1月25日13:00〜  主催: 青森県"攻めの農林水産"推進本部  

   基調講演とパネルデイスカッション

12月20日

一般財団法人 青い森地域創造基金 "第1回NPO地域活動資金助成"   当法人申請済み  選考結果; 3月上旬    URL http://www.a-ccf.org/

11月23日

ニッセイ財団: 元気っこFORUMおよび元気っこRORUM 生き生きシニア活動編(マメ新聞、リーフレット)の送付  種々の団体の活動状況・写真付き

11月23日

PO あきたパートナーシップ "遊学舎": 福

;祉医療機構(WAM)助成セミナーについて  日時 11月29日午後1時から      場所 秋田市民交流プラザ・アルベ2F           プログラム: 人が集い人が育つ組織作り、一人暮らし高齢者等への安心キット事業、僕らはチャレンジャー愛&夢事業、WAM助成事業の説明など      

11月10日

環境・NGO・NPO活動状況調査  from 独法)環境再生保全機構   11月29日締め切り

 10月14日

 

むつ小川原地域・産業振興団より 平成25年度プロジェクト支援助成事業 の募集の知らせがが来ました。

募集要項は、下記のアドレスから申し込んでください。適当な申請課題・アイデアなどがありましたら、事務局に連絡してください。

   http://www.iandc.jp/smt/mozaidan/summary/index.html#download

 

9月27日

青い森地域創造基金誕生記念フォーラムのお知らせ     from NPOサポートセンター 

     期日 10月27,28日    会場  県民福祉プラザ   参加申し込み用紙あり

 9月13日

 公開講座: B1グランプリの仕掛け人達   9月20日10:30-14:30  青森県社会センター於

   内容: 八戸のせんべい汁、十和田バラ焼き(畑中氏)

 9月8日

 NPO情報雑誌”ブリジン”第23号が到着しました。

  キラリまちづくり・ サンショウウオの棲む森を守ろう、青森県ふるさとづくり"プラットホーム機構(青森市)" など。県庁・県民生活課