"熱気球の打上げ" たくさんの搭乗者で賑わいました

 

 

 

 

 

 

 

 

      期日: 9 月6日(土) 午後4時00分~6時30分、搭乗者数: 大人51名、子供 23名、 場所: 十和田市陸上競技場

  十和田市の秋祭りに併せて開催することが恒例になった当法人主催の”繋留スタイルの熱気球の打上げ” が、今年も上記の通り開催されました(協力: 光星学院野辺地西高校)。周りが薄暗くなり始めた午後5時半ごろからは、燃えるガス・バーナーの色を反映して気球がピンクから紅色に映えて、遠く離れた旧電鉄駅や切田の方からも見えたそうです。

  折しも、秋祭りの山車の夜間運行と重なり、沿道に出ていた多くの市民や山車運行参加者の方々の目を楽しませてくれたものと思われます。 

  また、搭乗された方々にとっては、祭りに彩られ、華やかな山車運行や参加者の歓喜の掛け声・踊る様を約40mの上空から見ることがで、その喜び様は上空からの感極まった叫び声などから測り知ることができました。搭乗者の中には、熱気球パイロットのライセンスを持っている女性がいたり、将来、今度は衛星に乗りたいと夢を語ってくれた小学生がいたり、打ち上げ関係者の苦労や疲れを癒していただきました。気球の打上準備や搭乗に種々アシストしていただいた野辺地西高校の生徒有志の皆さん、またどんぐりの森・山楽校会員の皆さん、ありがとうございました。(S.K)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真の原図: 小笠原、三瓶、新屋敷