平成24年度 事業、イベント、作業および集会等の紹介

月 日

行 事 ・ 作 業 ・ 会 議 な ど

                  (アンダーラインの付された部分をクリックすれば、開催されたイベントなどにジャンプします)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11/02 土

カワニナ飼育希望者への頒布&飼育講習会:   中央公民館  6名出席

10/31 木

マチづくり助成金: 中間報告会 市役所   小川副会長・小笠原事務局長出席

10/25 金

三役会  フォーラムおよび理事会・例会への対応  午後6:30  川村宅

10/20 日

松見の滝トレッキング

    期日: 10月20日(日): 参加者 19名、スケジュール: 8:00   十和田市奥瀬焼山の湧水館前に集合, 8:30   出発、15:30   湧水館前に帰る、 16:00   解散

  天気が良くなく、午後からの降雨が予報されていたので、出発前に、 ̄が強くならなければ決行すること、⇔啼擦ら滝に向かう小道(ケモノ道) がぬかっていたら滝には行かな

 い、B譴泙嚢圓辰討癲降雨による帰り道が心配なので、昼食は林道まで戻ってから食べる、を確認しました。参加者の年齢層は、75歳を筆頭に若くは20代後半で、まさに老若男女

 の一団でした。    詳しい写真などは、最近のイベントまたは/およびギャラリーに記載します

 

 

10/03 木

三役会 10月のイベント・作業に関する詳細の検討、午後7:00、場所; 川村宅

9/29 日

ゲートゴルフ&ダッジオーブン

  スケジュール: 8:30 ロマンパーク集合    9:30  焼山パークゴルフ場 & プレイ    13:20  どんぐりの森にてダッジオーブン料理を楽しむ     15:00  終了、解散

  参加者: 13名     会費: パークゴルフ 約1000円/人、ダッジオーブン 1000円/家族

              詳しい写真などは、最近のイベントまたは/およびギャラリーに記載します

9/18 水

第2回理事会  

        場所: 中央公民館  午後6時30分より   出席者数: 9名+委任状5名(成立)

        今年12月までのイベントや行事・作業等について、検討した。

開会、理事長挨拶、出席者数の確認、会の成立を了承。 議事録署名者の選任; 福田・藤田の両理事を選出。 理事長が議長となり、事務局(事務局長)提出の議案を審議。

報告: 今年度4月より8月までの活動の報告あり; この間、19回にわたるイベント、会議、打ち合わせなどが行われた。了承。

     また、イベントや会議等への参加会員数は、延べにして213名であり、さらに環境整備への参加は、延べ61名であった。参加人数が増え、交流の輪が広まった。

12月までのイベント・活動: _餔交流パークゴルフとダッジオーブンの集い; 9月29日8:30 ロマンパーク集合、焼山パークゴルフ場にてプレイする、  

      12:00 どんぐりの森広場にてダッジオーブンの集い開催  14:00ごろ終了   会費 プレイ代 約1000円、ダッジオーブン 1000円/家族 (雨天の場合、中止)

    ⊂掌の滝秋のハイキング: 10月20日(日)8:00 焼山湧水館前集合、15:00頃焼山に戻る、参加費500円(保険代)

         B2回チェーンソー講習会: 日時 10月上旬〜中旬予定、場所 どんぐりの森広場、

       ぅ曠織觧育者への説明会: 11月2日、中央公民館於、

         ホタルの飼育状況; 小川理事から次の報告があった; 7月下旬約800個の産卵があり、8月中旬にほとんど完全に孵化していることが確認できた。しかし、8月下旬に

               その幼虫のほとんどが死滅しており、現在は1匹も生存していない。

         対応; 三沢高校自然科学部の各位のこれまでの尽力に感謝しつつも、現実を直視し、上記説明会では、カワニナだけの飼育について説明することとした。

             また、飼育を依頼するカワニナについては、小川理事が10月上旬までにどんぐりの森周辺のサワ水路から確保することとした。

    ゥ侫ーラム開催

        下記のように実施に向けた準備の進んでいることが報告され、各団体等への後援依頼なども進んでいることが、理事長から報告され、了承された。

                           日時: 12月12日(木)午後6時〜9時、 場所: 十和田市民文化センター

       課題: 農業生産と共存できる地域中小規模自然エネルギー発電に関するわが国の現状とその意義

        基調講演及びパネルデイスカッション:

         1. 基調講演: 日本における中小規模自然エネルギー発電の推進状況と将来性(仮題)

             講師: 和田 武 先生(自然エネルギー市民の会代表、日本環境学会前会長)

         2. パネラー講演(何れも仮題)

           1) 地域河川および農業用水等を利用した中小規模水力発電

           2) 中型風力発電機によるコミュニティ風車の可能性  豊田 玲子  先生

           3) 農地および畜舎などを利用した太陽光発電(基調講演の中に含まれる)

         3. 総合討論 

             上記3名の講演者を交えたデイスカッションと質疑応答

     今後の環境整備について  

         当面、下記の日程を設定し原則的に役員の誰かが出ているように対応したい、了承。

            9月; 22日、28日(土) 、10月; 5日(土)、6日(日)、12日(土)、19日(土)、26日(土)

       Г修梁

            カオル池への対応について: これまで田んぼにする、子供が遊べる小川を擁する公園のようなものにするなどの案が出されたが、いずれも人手と費用の面などで実

                       現が困難であることが予測され、そのうちにたくさんの野草、特にガマが著しく繁茂し、穂を出すようになった。それらを刈り取ってはいるが、これ以上の対応は困

                       難と考えられる。とりあえず、会員相互に理解できる利用の方向性と多くの会員が参加できる方向性が見えてくるまでは、これに水を張り、ガマの生育を抑え事とし

                       たい、了承。

9/2 月

三役会議 第2回理事会に上程する議題の審議  

8/3 土

チェーンソー講習会および新入会員歓迎夏の交流会

           期日: 8月3日(土):  9:00 チェーンソー講習会   17:00 新入会員歓迎夏の交流会        

                チェーンソー講習会: 場所; どんぐりの森広場、 参加者数; 5名、講師; 菅岡先生

            講習内容; チェーンソーの基本的な使い方、およびチェーンソーアートの基礎    

               講師は、例年と同じく菅岡先生でしたので、すぐにうちとけた雰囲気で進められ、今年は特に、女性会員が2名参加し、アート部分では積極的にチェーンソ

               ーを使って作品づくりに参加していたのが印象的でした。終了時には、アート用にチェーンソーの購入を申し出たり、2回目の講習会を提案したりで、意義の

               大きな講習会となりました。 

                新入会員歓迎夏の交流会: 参加者数; 12名

           例年に比較して行事・イベントの多かった今年度前半の交流会兼反省会を新入会員歓迎会の名を借りて例年行っていますが、今回は5名の新入会員に参加をい

           ただき、今年12月までのイベントや行事・作業などについて、忌憚のない意見交換ができ、賑やかな会となりました。また、女性会員の強い意見に圧倒された会で

           もありました。

8/1 木

三役会議 8月中の運営について協議

7/18  木

市民活動補助金説明会 市役所於 2名参加(副会長、事務局長)  ホタルの養殖管理を市民に依頼する事業 課題名: お年寄りに生き甲斐と、子供に夢と希望を与える ゲンジ

  ボタルを1,000匹飛ばそうプロジェクト

7/16 火

第2回会員定例会議   PM6:30 中央公民館於  出席者 8名

  挨拶  塾長  これまでに行われた例年よりも多くの事業・イベントが無事に行われたことへの感謝、今後10月ごろまでの事業を検討したい。

  報告  前同会議から今日までのイベントや会議などについて報告あり

  議題 1."市民活動助成金"助成(事業名: お年寄りに生き甲斐と、子供に夢と希望を与えるゲンジボタルを1000匹飛ばそうプロジェクト)への対応について

         申請の状況; 市の総予算は1700万円ほど、38団体中33団体に助成決定、 当事業の責任者; 小笠原事務局長

         具体的な実施案などは、これから検討する、ゲンジボタルの卵は1000個ほど確保できそうなので、これを孵化させ、10月をめどに幼虫の飼育希望者に配布する。

         対応を急ぐ事項: ホタル幼虫のボランテイア飼育者の確保、飼育装置等の購入、市広報への投稿(9月号)、助成金の使途計画策定(当法人予算の持ち出しも含めて)

             2. チェンソー講習会の開催: 8月3日(土)9時〜、 場所; どんぐりの森広場、対象; 会員

      3. 新入会員歓迎交流会の開催: 8月3日(土)午後5時〜  詳細は事務局より連絡

      4. 熱気球の打ち上げ: 9月14日(土)を予定していたが、諸般の事情等により今年は中止することとした。

      5. 秋の味覚 ダッジオーブンの集い: 9月29日(日)9時〜、 場所; どんぐりの森広場、 対象; 会員(5台ほどのダッジオーブンが集まる模様です)

         当日は、レクレーションとして、広場でゲートボールをも行って親睦を深めたい。

      6. 秋のまつみの滝ハイキング: 10月20日(日)8時〜、 集合場所; 奥入瀬渓流湧水館前、対象; 会員を中心とする(その他、口コミで若干広めてもよい)

      7. 環境整備: イベントうのない土・日曜日をそれに充てる、参加者には、ガソリン代程度の薄謝を支給する。

      8. その他: 機器・機材の購入について; ー動草刈り機(1年使用した中古、手押し式)、▲魯鵐疋好圈璽ー、カマ 4丁、了承。 

                                                                             (記録に間違いを気付かれた方は、ご連絡ください

7/15 月

 三役会議; 定例会議議案等の検討

 7/14 日

 環境整備; 自動草刈り機の試運転&広場の草刈り

 7/08 月

 市役所より"市民活動助成金"助成決定の報告を受ける

 7/06 土

 ホタル観賞会&ホタルキャンプ   参加者; 法奥小学校生徒・父兄・先生43名、一般見学者10名、会員20名。懇親会参加者13名    詳細はイベントの項を参照

 7/05 金

イベントの準備、青森細越ホタルの里ホタル祭りの見学(4名で訪問の予定であったが、天候悪く、訪問中止)

6/30 日

環境整備活動; .曠織覺兒_颪僚猗(通路の草刈りなど)、記念樹マップの追加・修正

6/24 月

ブルーベリー苗の移植  どんぐりの森の広場の隅に40本(昨年のもと合せれば、50本)

 6/23  日

ブナのオーナー初夏の集い・交流会&植樹   参加者26名、 詳細はイベントの項を参照

6/22 土

イベントの準備; 山菜料理の仕込みなど、環境整備活動; 広場の草刈、 記念樹のマップづくり

6/19  水

三役会議: 7月中旬までの活動について検討

  十和田市の"元気な十和田市づくり市民活動支援事業"に応募 事業名: お年寄りに生き甲斐と、子供に夢と希望を与えるゲンジボタルを1000匹飛ばそうプロジェクト、了承。

  自動草刈り機およびハンドスピーカーの購入; 了承。

6/17 月

助成金申請: 十和田市へ、 課題; ゲンジボタルを1,000匹飛ばそうプロジェクト

 6/16 日

環境整備活動、記念樹のマップづくり(記念樹に追加・修正)

6/15 土

環境整備活動

6/9 日

環境整備活動; 植樹の森や通路の草刈り

6/8  土

環境整備活動; 植樹の森の草刈り

6/2 日

 どんぐりの森の自然を丸ごと食べよう会  山菜採りとその試食

    時期がやや遅かったので、必要量収穫できるか心配されたが、参加者が持ち帰れる分だけ多く収穫できた。   参加者;19名(会員+北里大生)

6/1 土

環境整備活動; 広場の草刈りなど

5/26 日

 松見の滝へのトレッキング  参加者22名

   蔦温泉広場に8:00集合、片道約3時間、所々にまだ残雪あり、多くの山菜の収穫もできた。

5/18 土

環境整備活動 植林地の下草刈り、 2名参加

5/15  水

 カワニナ幼虫放流会

   参加者: 十和田市立法奥小学校5年生生徒児童 20人 および 当法人会員10名

   放流会の工程: 下記の時間軸で、予定通りに実施された。

   報道関係の取材: NHK地域連絡員、東奥日報、デーリー東北、県南新聞

   報道記事: 17日の東奥日報及びデーリー東北、16日の東奥日報に掲載されました。NHKおよび県南新聞にも掲載されるものと思われます。

 5/11 土

午前中: ホタル水路の整備  参加者5

 

 三役会議 直近事業等の具体策の検討(午後7時)          川村宅於

1.    ゲンジボタル幼虫の放流会について

1)    14日の作業: 

   法奥小学校への対応; カワニナおよび幼虫の回収(川村)

       容器などの準備: コップ 50個、濾しお玉 3個、ボール 2個、段ボール 2個(コップを入れる)

2)    15日の工程

     会員: 現地集合; 12

          作業;    幼虫・カワニナのコップへの分注(1240分までの終了)

        生徒の安全誘導; 午後115分以降

     法奥小学校生徒児童への対応:

        小学校への迎えのバス到着; 115分到着

        出発;             120

        どんぐりの森到着;      130

        セレモニー;           140

        放流;             150分〜210

        復路出発;          120

        学校到着;          130

     会員による放流          2時

     解散                  3時

2.    環境整備作業日程等の再確認

1)    日程: 定例会議で決まった日程に準ずる。

2)    薄謝の支給: 整備作業に関しては、ガソリン代程度の薄謝を払う事とした。

3)    昼食などに係る若干の費用は、“どんぐりの森の活用”に係る費用から支弁することとした。

4)    ログハウスを安全・清潔に保てるように整備する必要性: 窓の整備、虫や鳥の入る隙間の密閉など; 可能な限り早く実施したい

3.    作業用の器具等の購入について

4.    56月のその他のイベントへの対応: 次の三役会で検討する

5.    その他

1)    ブルーベリー等の果実苗の移植(予定): ’星爛譽好肇薀鵝Ε劵咼よりブルーベリーの苗 50本(5/12, 小笠原)、▲屮襦璽戰蝓次2530本(近日中、3品種、川村)、

       山ブドウ 約10(小笠原)

2)    青森細越ホタルの里への訪問; 75日頃(委細は小川交渉)

3)    作業やイベントに係る保険への加入: 早く実施する(小笠原)

4)    水道の水質検査: 可能な限り早く受けることとした(不合格となった場合の対策をも考えた上で…)

           現実的には、7月のイベントの終了後に、水源・井戸を整備したうえで検査を受けるようにしたい。

次回: 522日午後7時、川村宅於

 5/08 水

 平成25年度第1回定例会議 中央公民館於  参加者11

7月前半までのイベント・事業等の検討

議 題

1.    十和田市立法奥小学校5年生徒児童によるゲンジボタル幼虫の放流会

      予定通り515日時実施: 会員集合 12時、放流 午後2時、

2.    松見の滝ハイキング

      526日(日)、午前8時に蔦温泉広場に集合

3.    どんぐりの森の自然を丸ごと食べよう会(山菜採りと試食)

      62日(日)、午前930分どんぐりの森に集合 会費500

4.    ブナの植樹と記念樹オーナー初夏の交流会

    616日(日)

5.    ホタル観察会およびキャンプ

      76日(土): 当日は、法奥小学校の生徒の参加(観察会)もあり

6.    どんぐりの森の環境整備(草刈、ゴミ拾い、整地等)

     下記の作業日には、ガソリン代程度の薄謝を支給する。

      511日(土)、同18日(土)、同25日(土)、61日(土)、同8日(土)、69日(日)、同15日(土)、同23日、75日(金)、同14日(日)、同20日(土)

7.   カオル池をどうするか --- 前年よりの懸案事項であった

      次回までに案を持ち寄ることとした。

      1つの考えとして、子供たちを受け入れることができる小川を設置し、小魚などを放流する、という意見が出ている。

8.    その他

  1)    助成金の申請: ホタル関係で、十和田市への申請を検討している。

         2) 機器・器具類の購入したいものがあれば、次回までに申請してほしい。

次回: 7月第2水曜日

 5/06 月

 ブナの森 下草刈り払いおよび植樹3人)、参加者8

 5/05 日

 ホタル水路の整備

 5/02 木

 ブナの森 下草刈り払い

 5/01 水

 ブナの森 下草刈り払い

4/30 火

 法奥小学校 ゲンジボタル幼虫を水槽セットと共に納める。幼虫の飼育開始

4/26 金

ブナの森 下草刈り払い

4/26 水

ブナの森 下草刈り払い

シイタケホダギの整理・ムシロ掛け

4/23 火

ブナの森 下草刈り払い

4/22 月

ブナの森下草刈り

法奥小学校 ホタル幼虫の飼育に関する依頼。放流会を行うことをも含めて、了解を得る(川村、小川)

4/18 木

平成25年度総会 十和田シテイホテル於、出席者21名・委任状8名     記録作成HPに掲載の予定)

4/17

総会資料40部作製・印刷

4/12 金

監査会 監査・三役出席

4/08 月

理事会  中央公民館於、定例総会議題の検討、記録作成(別紙)

4/07 日

どんぐりの森の山開き  参加者8人、山の神、竜神様に安全祈願の後、みんなで昼食(スペアーリブ)、写真・カバーページ    

4/03 水

道路づくり、 對馬さんがトラクター出す(除雪)

3/27 水

三役会議  4月の予定を検討