趣味の部屋

このページでは、趣味やはまっている遊び等を紹介していきます。
100%私の趣味のページなので、暇な方のみ覗いてください。

〜selection13 ガサガサ〜
田島に住んでいて楽しめるのがガサガ。比較的温かい田島の川は、魚の種類も豊富。また中流域でポイントも多種多様なので子供とも一緒に楽しめます。網を片手に茂みや川底をガサガサすると、カワムツやカマツカ、川エビ、カジカ、モツゴのみならず、たまにこんな大きな虹鱒も入ってきちゃうので最高です★
〜selection14 遂にアジアアロワナ〜♪〜
ヒーターの故障でシルバーアロワナが★になり、迷いに迷って遂に買っちゃいました、来ちゃいました憧れのアジアアロワナ。種類は比較的財布に易しい?紅尾金龍。我が家に来て3ヶ月が過ぎましたが、順調に成長し、アロワナらしい風貌・風格になってきてます。まだ色はついてきてませんが、もう少し成長すると金ぴかに色づき始めるはず。毎日の水の管理と餌やりが大変ですが、それが飼育の楽しみでもあります。50cmオーバーを目指して頑張って飼育します。
〜selection15 大事な本&読書という行為〜
いつも何か行動してばかりではなく、時にじっと何かと没頭する時間もあります。それが読書。就職してからは特にその時間が増え、その時・その歳に興味関心ある本を買っては読書に耽ってます。基本的に文学や小説は興味がなく、もっぱら時事・社会、歴史、自己啓発関係やもちろん指導関係の本を読んでます。本に関して詳しく書き出したらいくらスペースがあっても足りないので、今回はこの辺で・・・。
〜selection10 混泳メイト増加中〜
メインの120cm水槽にもう少し魚が欲しいので、前から狙っていたキングコングパロットとレッドフィンバルブを購入しました。ついでにガーの幼魚も。といっても、大型魚がいる120cm水槽に入れるにはまだ早いので、当面は亀助の水槽に。これらの魚はやがて30cm近くになる熱帯魚なので、餌をバンバン与え大きく育てたいと思います。それまで亀助は、餌の争奪戦で苦戦するでしょうが・・・。
〜selection11 ベランダビオトープ〜
雪が溶けると同時に始まるのがベランダビオトープ。冬の間に室内で飼育していた生き物をベランダのプラ舟に移しかえ、秋までベランダはちょっとした自然空間。手前から時計回りに、ナマズ、イモリ&ヨシノボリ、錦鯉&川魚、クサガメ&ミドリガメ等、ここでは常温で飼える生き物が暮らしています。これからプランタの草木も育ち、一層映える空間になります。
〜selection12 鉄分補給(鉄道観察)!?〜
これも子供ができて子供が興味を持ったことがきっかけで火が付いた鉄道観察。図鑑を見て随分といろんな所に実物も見に行ったことで、多くの電車を憶えることができました。昔は東京に行く時は必ず車の私でしたが、今では一人の時はほとんど電車を使ってます。特に東京駅は、様々な車輌が入れ替わり立ち代り入ってくるので最高です。特に導入間もない新型車輌になんて会えちゃった日は最高ですね。写真は新型E7型あさま。見てくださいこの新車輌ならではの輝き!!笑
〜selection9 ダトニオプラスワン〜
買ってしまったダトニオプラスワン・・・。今の水槽で混泳可能な最後の魚。値段が値段なので、稚魚で購入し成魚にしようとも考えましたが、これ以上新しい水槽を置くスペースもなく、悩んでいたところお目当ての成魚を安価で手に入れることができました!!感激!!体長30cm、迫力満点!!
〜selection8 グングン大きくなる亀〜
一度掲載したスッポンモドキですが、すくすく成長しています。スッポンと名はつくものの、よく耳にするスッポンとはまったく違う種。完全水棲亀のこの亀の泳ぐ姿は正にウミガメ。なぜこの亀が人気で値も張るのかが飼い始めてよく分かります。現在の水槽サイズは長さ60cmの奥行き45cm。とにかくよく食べ、体長が30以上にもなる亀だけに、水槽のサイズアップも時間の問題か・・・
〜selection7 やっぱり仮面ライダー??〜
息子達の成長と共に夢中になる対象も変わっていきますが、今はもっぱら仮面ライダーとスーパー戦隊。まだ小さい頃は、戦いごっこを覚えてきかん坊になってはと心配し、控えていたのもどこえやら。自分が小さい頃に夢中になっていた、V3やストロンガーに再び出会え、子供以上に!?自分が楽しんでます。毎年、東京ドームプリズムホールで開催されるショーは最高!!笑
〜selection6 スキー板の手入れ〜
スキーが特技に入るのであれば、ワクシングやチューンナップ等のいわゆる板の手入れは正に趣味の世界。チューンナップルームにこもってエッジを調整したり、明日のトレーニング時の雪質を読んでワックスを選択しワクシングする時間は正に至福の時。
〜selection5 トミカ集め〜
男の子を持つ親なら誰もが通る道(と勝手に思っている)、トミカ集め。トラックやブルドーザー等の「働く車」から入って、最後はハイパーレスキューやハイパーブルーポリスへ。はまっている子供に便乗し、自分も子供に戻って!?思わず楽しんでしまいます。
〜selection4 プラレール〜
トミカとくれば当然プラレールも!となるのが自然?電車になんて全く興味がありませんでしたが、子供がプラレールにはまってからすっかり鉄道ファンに。現在我が家の線路は、スーパーこまちが早くも走っています。
〜selection3 我が家の古代魚〜
身近な淡水魚の飼育から始まったアクアリウムも、今や古代魚に。ん万円する120cm水槽に、アロワナ、スポッテドガー2匹、ポリプテルス5匹。いずれも30cmから40cmサイズで餌代、冬の電気代が大変です・・・。
◆飼育データ◆水槽120cm、濾過=外部と上部の併用。底面はベアタンク、照明は120cmツイン。
〜selection2 スッポンモドキ〜
今や入手困難で超レアな完全水棲亀。私のアクアリウムで最後で最大の生き物!遠くパプアニューギニア?からやってきました。生き物にこれ以上のお金をかけることはもうないでしょうが、しばらく私のお小遣いはありません・・・。
〜selection1 蝶の採集〜
何度か他のページでも紹介していますが、最も長く取り組んでいる趣味の一つ。小学時代に教頭先生から勧められて以来、現在も年に1、2回フィールドに足を運んでいます。新しい蝶に出会わない限り採集はしませんが、それでも標本箱は10個近くなりました。