本文へスキップ

THIRD TRAINING FIELDは、サバイバルゲームを専門とするレンタルフィールドです。

電話でのお問い合わせは
TTFの連絡所事務所 TEL.0299-64-2966

〒311-2433 茨城県潮来市堀の内1265-1

スポーツサバゲB-Fight 

 TTFproでは、サバゲを純粋にスポーツと捉えています。

 TTFproでは長い経験を活かし、100パーセントゾンビなしのゲーム、B-Fight(ビーファイト)を開発考案いたしました。
 B-fightには通常のエアガンを使用しBB弾で行うB-fight BBとNerf(アメリカの子供対象の玩具銃で安全なスポンジ弾を飛ばすもの)を使用したNerf B-fight Clubの二種類ががあります。
 ここではBB弾を発射するエアガンを使用して行うB-fioght BBを紹介いたします。
 一つは決められたB-fightコートで行うB-fight on court と普通のサバゲに近いメインフィールドで行うB-fight Freeがあります。
 どちらにしても基本的に敵の風船を破ったら勝ちとなります。
 TTFproにより国内各地で紹介遠征を行っていますので、機会がありましたら是非ご体験ください。
 
 従来のサバゲにゾンビ問題などで満足できない方、TTFpro企画のB-Fightに是非ご参加ください

ゾンビゼロのスポーツサバゲ


B-Fight(ビーファイト)について


ルールは簡単です

  • B-fightはTTFproが考案した画期的なシューティングスポーツです。
  • 頭部の左右に装着した風船が一つでも割れたらブレイク(ヒット)となります。
  • B-fightの正式戦は3対3以上5対5までのチーム戦の殲滅戦になります。
  • B-Fight on Courtの行われるコートは約縦約40m横約20mで行われます。40yd.×20yd.
  • B-fightにはレフリーがいます。
  • ネットフェイスマスク

    ペイントボール用フルフェイスゴーグルが推奨ですが普通のサバゲで使用するネットのフェイスガードとゴーグルの使用もできます。注意点は耳までカバーできるフェイスガードが最良です。

    ペイントボールフェイスマスク&ゴーグル

    ペイントボール用ゴーグルのフェイスマスクが推奨です。ペイントボール用はデザインが豊富です。メーカーも複数あり値段も3千円位のものから3万円以上のものまで多くの種類があります。ペイントボール用を使用する場合、銃のストックの加工が必要となります。銃のストックがフェイスマスクに当たり、狙いづらくなりますのでストックのない銃やハンドガンでない場合はストックの加工が必要となります。

    東京マルイフルフェイス

    通常サバゲで広く使用されているマルイのフルフェイスです。これの場合耳のガードがないので別に用意した方がいいと思います。銃のストックの加工がいらないと思います。

B-Fight in Courtは専用コートで3名のレフリーのもと行われます

約40m×20mの広さのB-fight専用コートで3人のレフリーの元行います。
B-fightコートは通常サバゲのフィールドのように無秩序に広くないためレフリーヤ観客の目も届き、透明性のあるゲームが行えます。
装着した風船が割られると大きな破裂音と風船の破片が飛び散ります。ですから本人どうしは勿論レフリーとギャラリーもしっかり確認することができます。
これがゾンビゼロのスポーツサバゲB-fightです。

B-fightコート

専用コートは20yd.×40ヤード…約20m×約40mの広さがあります。

参加するには何が必要なの?
ゴーグルと電動ガンがあればOKです。
フルフェイスのペイントボール用ゴーグルを推奨いたします。
上半身への着弾がありますので、厚めのウエア―やプロテクター装着をお勧めいたします。
迷彩服や凝った装備は必要ありません。
参加者皆様のそれぞれの感性で選んだ自由な服装でOKです。

ペイントボール用のフルフェイスゴーグルがお勧めですが、通常サバゲで使用するネット型のフェイスマスクとゴーグルでもOKです。

 勿論マルイなどのフルフェイスファンゴーグルも使用できます。
マルイのフルフェイスゴーグルやネットのフェイスガードは、普段使用している電動ガンがストックの加工なしで使えます。
その際は耳の被弾に対しても準備が必要です。
Yuo TubeでB-Fightで検索してください動画が見れます。
参加費はお一人2000円です。
エアガンや装備の貸し出しは別途8000円(BB弾別)がかかります。

YouTobe B-fight動画が見れます


B-fight専用銃

ストックがフェイスガードに当たらないように加工されています。発射に関係のないものは出来るだけ取り外し軽くしています。
ペイントボール用のフェイスマスクを使用する場合は、このような加工をした方が使いやすくなります。

ペイントボール用

ペイントボール用のフェイスマスクはカラフルなものがたくさんあります。

B-fightコート

B-fightのコートです。いくつもの遮蔽物やバリケードがあります。

バリケード

こんな感じのゲームになります。これで3対3で行います。

ウエア―

ウエア―も思いおもい。迷彩服輪必要ありません。動きやすい服装でいいんです。チームの場合は統一していただきますが。おそろいのTシャツでOKです。

B-fight in Courtのコート

B-fightコートです。
多くのバリケードが設置されています。

雑誌にも

月刊GANマガジンにも取りあげていただきました。2014年7月号。CAT11さんとB-fightを行いました。

仲間です

B-fightの仲間です。



B-fight盛り上がってます。

B-Fight on Court の基本ルール


B-FIGHT 3ON3ルール
基本的な考え方
1. 敵チームの風船を割って勝敗を決めるゲームとする。
2. B-Fight 3on3は3人対3人で行う。
3. B-Fight 3on3は専用コートで行う。
4. 風船を割られたプレーヤーの少ない方が勝ちとなる。
5. 割られた人数であって割った風船の数は考慮しない。
6. 1回の勝負を1ファイトとよぶ。
7. スタートの場所を変え2回のファイトで1ゲームとする。
8. 各ファイトに2名のジャッジ(審判)をおく
9. スタートはスタートポートに銃を触れた状態から始める。
10. 割られたら「ブレイク(ヒット)」コールと共に速やかにコート外に出る。
11. 自分の風船が割れた場合即座には銃撃を中止しなければならない。
12. 割れたか判別不明の場合は、自ら手で触感し割れていればブレイクコールと共にコート 外に出る。
13. 又は、「ジャッジ」とコールし審判の判定を求め、審判からの判定が「ブレイク」であれば速やかにコート外に出る。この判定時、敵は射撃できる。
14. 被弾によるブレイクだけではなく、バリケード、立木、草などに触れて風船が割れた場合、又その他の理由による時もブレイクとなる。
15. 風船が割れた場合は全てブレイクとする。
16. ファイト中に、風船を装着状態から外してはならない。外した場合は即時ブレイクとなる。
17. ファイト中に意図がなく風船が外れた時、又脱落した場合もブレイクとなる。
18. 頭部の左右両側に風船を装着し、二つの風船の内どちらか、又は両方が割れた場合ブレイクとなる。
19. 敵と対峙し同時の射撃により同時にお互い割れた場合は両方お互いのブレイクとする。
20. 微妙な状況で審判の判断が必要なとき、審判は積極的に介入し判断する。
21. 審判の判断で、ブレイク後の射撃で風船が割れた場合、審判の判断により風船の再装着の為「フリーズ」コールによるファイトを中断することができる。その時プレーヤーはその位置を保たなければならない。
22. 明らかに意図をもって自分又は相手のブレイク後に射撃した場合、「悪質な行為」との審判の判断をもって失格とし、チームの負けとする場合がある。
23. 風船を手又は装備で隠してはならない。
24. 射撃は風船を狙って撃つ・・・これを基本原則とする。
25. 基本原則により明らかに敵の風船を狙っていない状態で撃ってはならない。
26. 対峙している敵の風船が露出することを予想して射撃することは基本原則に沿うものとする、この時対峙する敵との距離は考慮しない。
27. 意図を以て明らかに風船ではなく、体に対して銃を発射した場合、審判からの注意又は「悪質な行為」と判断し失格もあり得る。
28. 風船のセットの位置は片方の目と耳の間で、ゴーグルの装着ゴムバンドの位置より上に つける。それを左右両方につける。
29. 風船装着のための用具は実行委員会が用意するものを使用する。
30. これがおこなわれるコートは、縦40m×横20m。これを8分しロープで分割する。
31. 8分割した1つをセルとよぶ。分割したロープをラインとよぶ。
32. コートは8個のセルで構成する。
33. ひとつのセルの中に片方のチームのみ侵入できる。
34. 敵チームがすでに侵入しているセルには侵入できない。
35. ひとつの同じセルに両チームが同舟することはない。これは極端な接近戦を回避するためである。
36. もし、すでに敵チームが侵入しているセルに入った場合は直ちに銃撃をやめ、そのセルから出なければならない。
37. 既に敵が侵入しているセルに入り気が付かない場合、審判の「侵入...インベード」コールを以て直ちに銃撃をやめセル外に出なければならない。この時敵は銃撃できる。
38. 自分が侵入しているセルに片足を置いてあれば、敵チームが侵入しているセルにも、両エンドラインを除きすべてのラインをまたげる。
39. スタートはジャッジの「3・2・1・スタート!」のコールではじめる。
40. 1ファイトの時間は10分とする。
41. チームごとにユニフォーム(Tシャツなど)を統一し赤と黄色のマーカーは付けない。
42. ペイントボール用フルフェイスゴーグルを推奨する。
43. ボディー上半身のプロテクトも推奨する。
44. プレーヤーの使用銃は1丁とする。
45. 使用銃はパワーを計測し各自1丁の登録をすることとする。
46. ファイト中はいかなる理由であっても銃の交換はできない。
47. ファイト中に銃の作動が不可能になった時、そのファイトの終了後再度パワーを計測し登録できる。
48. チーム3名の使用銃のパワーを計測し、これを合計してチームパワーとし、これを記録する。
49. 1ファイトの対戦結果がドローの場合、チームパワーの小さい方が勝ちとなる。
50. 銃のサイレンサーは使用できない。
51. 電動式多弾マガジンは使用できない。
52. 使用弾数は制限しない。
53. 使用弾は0.2gか0.25gとする。
----------------------------------------------------変更の場合があります。



Nerf B-fight Club


Nerf B-fight Clubeではこんな玩具銃を使用します。
パワーはあまりありません。
国内用のものは8歳以上用のおもちゃです。
飛んでも10m以内というところです。
元々アメリカのおもちゃですが日本国内ではタカラトミーで販売しています。
日本国内用ではアメリカ用に比べてよりパワーは弱くなっているようです。

こんなスポンジ製の弾です。
パワーは非力ですが顔の保護は必要です。
特に目の保護はしましょう。
Nerf B-fight Club の動画が見れます。

Nerf B-fight Club の動画が見れます。#2

1ゲーム3分で行います。
3分間動きっぱなしで意外と運動量は半端じゃありません。
日頃の運動不足の解消にもなると思います。
服装も動きやすければ普段着で大丈夫です。
Nerf銃もエアガンに比べると、とても買いやすい値段で大型の玩具屋などで手に入ります。
TTFproにもNerfの貸し出し銃が山ほどあります。
興味のある方は是非ご連絡ください。



TEL. 0299-64-2966 FAX. 0299-64-5563
e-mail. yjfnn920@ybb.ne.jp
株式会社THIRD TRAINING FIELD  


TTFpro連絡事務所
〒311-2433
茨城県潮来市堀の内1265-1
TEL.0299-64-2966
FAX.0299-64-5563
TTFフィールドはここから5分の所に在ります。