タイトル 日本洞窟学会第24回大会・'98ケイブフィスティバル
分 類 大会ケイビング
入洞洞穴 軽水風穴
日 程 1998年7月19日(日)
参加者 千葉、黒田ほか 
道の駅なるさわ
洞穴巡検前風景
軽水風穴
珍しい葡萄状溶岩鍾乳
軽水風穴
様々な年齢の方が参加
洞窟大会とはいったいどういうものなのか。それを偵察する目的で初参加した。


8:50、道の駅なるさわの駐車場に初級、中級、上級、樹型、生物と班別集合をする。
事前に申し込んであったとおりに我々は中級班に参加、さらにSRT経験の有無によって2班に分かれた。その結果、SRT未経験者の我々は中の下班ということになった。巡検地は「軽水風穴」である。

9:30、車両にて移動開始。途中から樹海に入り、やや迷いながらも洞口に到着する。陥没孔(=洞口)を降りて昼食、その後巡検開始となる。
この陥没孔付近には、珍しい葡萄状溶岩鍾乳やチューブ・イン・チューブがあり説明を受ける。
洞奥へ進むが、鍾乳洞を主にフィールドとしている我々にとっては単調で、距離が長く感じた。

14:00、出洞。溶岩洞はあまり入洞したことがなかったため、成因や名称など簡単に理解しがたいものもあったが、溶岩洞の楽しみ方は理解できた。
なお、この洞穴は本年に山梨県指定天然記念物に指定されたそうである。

16:00、公開講演「富士山の洞窟生物」「富士山地区のコウモリ相について」に参加。終了後に帰途についた。


集合や巡検時に交流した限りでは、地R元の知識レベルは悲観的なものではないことがわかり、地R元にその旨を伝えることとなった。(文責 千葉伸幸)

「活動報告」に戻る
 次の「個別活動報告」へ進む TOPへ戻る

2000 Copyright(C) 地底旅団ROVER元老院
cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jp