タイトル 4×4ビギナーズトライアル'99 第3戦
会 場 静岡県田方郡大仁町・モビリティーパーク
日 程 1999年9月4日(土)〜5日(日)
参加者 千葉、小塚、小園ほか 以上参戦者ショートクラス31名・ロングクラス34名
モビリティパーク
車検後は軽量化+空気圧をおとす
モビリティパーク
1セクはぬかるんだモーグル
モビリティパーク
「2セクは高速ステージ(30q/h)
「4×4ビギナーズトライアル」とは、四輪駆動車が2クラスに分かれてセクション(3〜4つ)の通過タイムを競い合うという、ナンバー付き車両限定のトライアルレースである。各セクションは2分以内、ポールを45度以上傾けると+30秒、タイムオーバーは3分、横転は6分として計算される。つまり、わずか6分以内の勝負である。
このトライアルには、これまで千葉が3回(1996年第3戦ロングクラス18位、1996年第4戦ロングクラス位、1997年第3戦ロングクラス最下位/横転)、小塚が1回(1996年第3戦ショートクラス15位)参戦してるが、満足のいく結果は出ていない。
今回の車両は千葉がサファリ・ショート(1〜2回目はストラーダ)、小塚がジムニーワイド(前回はジムニー)、そして小園はカメラウーマンである。


当日の天候は快晴、前日の雨もあがりまずまずのコンディションである。チーム名「地底旅団ROVER元老院」で受付を済ませると参戦者は65名、いつもより若干少ない。
車検後に各セクションを覗いてみる。今回の1セクはモーグルステージ、ぬかるんでいるためにコース取りに要注意である。2セクはバック走行を含む高速ステージ、高低差も大きい。3セクは再びモーグル、特に問題はなさそうである。

午前中は試走、午後より本番となる。
1セクでは、サファリは順調にクリア、ジムニーワイドはコース取りをミスしてしまう。
2セクでは、サファリは順調にクリア、ジムニーワイドはコース喪失という大失敗をしてしまう。
3セクは、サファリが前回横転した「思い出」の場所である。そのためサファリは無難に通過、ジムニーワイドは勢いよくクリアしてこれまでのタイムを多少挽回して終了した。


結果は、サファリがロングクラス34台中7位、ジムニーワイドがショートクラス31台中22位であった。
千葉は横転が頭をよぎり、全体的に無難にこなしてしまったたため、タイムが思うようにのびなかった。
小塚は緊張によるミス、ノーマル(新車)ということで全く実力が出せなかった。
今後再び参戦、入賞を目指したい。(文責 千葉伸幸)

「活動報告」に戻る
 次の「個別活動報告」へ進む TOPへ戻る

2000 Copyright(C) 地底旅団ROVER元老院
cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jp