タイトル

地底旅団ROVER元老院第8回CAVING

サブタイトル 第2次小鹿野町藤倉地区洞穴探査

分 類

探検・調査(測量)ケイビング
入洞洞穴

[仮]万造氏ディギング穴(後日、鐘撞穴と命名)

日 程 1998年11月15日(日)
参加者 千葉、細野、黒田、山下、新井清右氏(地主)、新井万造氏(地主長男) 以上6名
鐘撞穴
洞口をディギング
鐘撞穴
洞内でもディギング認
地獄穴
竪穴をのぞき込む
地主:新井万造氏に依頼されたことにより、「北窓瑣談」にある通称「ドンドン場」を探すために計画された。
当日は以前確認した「[仮]万造氏ディギング穴」の探検・簡易測量をするために計画された。この洞穴は、風の吹き出る小さな隙間であったが、新井万造氏がディギングして洞口を確保したものである。


10:30、洞口到着。
早速、もう少し楽に入れるようにディギングをする。
入洞するとすぐに行き止まりとなっていたが、N側に高さ20pの隙間を確認、洞床を掘り高さ40pを確保してさらに奥へ進む。
いくつかの岩を動かして直径30pの狭洞を抜けると、風化したフローストーンのあるクラックに出た。ここから延びる2本の支洞は3m程度で終わっているが、最奥部でカマドウマ群や土砂が流入が見られることから、どこかに小窓程度は開口しているものと思われる。
その後、簡易測量を行うと総延長約17m・高低差約3mであった。

13:00、出洞。昼食をとった。

14:00、新井万造氏と合流。竪穴「地獄穴」と「[仮]岩陰脇の斜洞」を案内してもらう。
「地獄穴」は−10mほどの井戸状で、とてもフリーでは降りられそうにもない。

17:00、終了となった。


その後、新井氏によって「[仮]万造氏ディギング穴」は「鐘撞穴」と命名された。(文責 千葉伸幸)

「活動報告」に戻る
 次の「個別活動報告」へ進む TOPへ戻る

2000 Copyright(C) 地底旅団ROVER元老院
cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jp