タイトル 地底旅団ROVER元老院第56回CAVING
サブタイトル 日本洞窟学会第27回大会・ケイブフェスティバル 2001 in 岩泉 
分 類 大会ケイビング
入洞洞穴 龍泉洞、龍泉新洞、安家洞、氷渡洞−坪沢穴(氷渡探検洞)、松林洞穴U、喜惣次穴、内間木洞、下の岩穴bQ(権の穴)
日 程 プレ期間=2001年8月8日(水)〜11日(土)
コア期間=2001年8月11日(土)〜13日(月)
参加者 千葉、雨宮、酒井、細野、小園、黒田、大池ほか 以上参加者約130名
内間木洞・稲妻洞
ラダー用ボルトアンカーを打つ
氷渡洞・左洞
非観光部の石筍
氷渡バンガロー
レスキュー講習の朝礼
「地底旅団ROVER元老院」としては4回目となるケイフェス参加である。今回は千葉・大池が実行委員としての参加となった。


7日22:30、千葉・黒田・大池は村田さん@東京SCと共に岩泉に向けて浦和を出発する。


8日10:00、「龍泉洞」に到着する。他の実行委員はまだ到着していなかったため、千葉・黒田・大池は「龍泉洞」見学をする。客足が少なかったため、ストロボ増灯しながら各プールの写真撮影を行いながら洞内を楽しんだ。
出洞後、大池・村田さんが「龍泉新洞」へ向かい、微妙な顔をして戻ってきた・・・。

10:30、実行委員が集合する。役場班、買出班、内間木班と別れ活動を開始する。
千葉・黒田・大池・松澤さん@東京SC・冨永君@東京SC・宮崎君@明大地底研は、安家で昼食を取った後、「内間木洞」へ向かう。
地主に挨拶後、まずは「稲妻洞・魔のチムニーbQ」のラダー設置作業にとりかかる。千葉・冨永君・宮崎君でボルトアンカーを打つ間、他3名は洞内状況確認のため「銀河の滝」へ向かった。
ラダー及びビレイ用アンカーを打ち込んだ後、千葉・黒田・大池・松澤さんは「北洞」のルート確認へ向かう。「北洞」は地R元的には15ヶ月ぶりの入洞である。
滴下水の中での測量を思い出しながら「断層の間」へ到着、その後「うらぎりのホール」にあるというシールドを探すが、タイムアップで出洞となった。

18:00、氷渡バンガローにて全員合流、MTG後に消灯となった。


9日8:30、活動を開始する。本日はレスキュー班、氷渡班、喜惣次班の体制。

レスキュー班は「氷渡洞」でのレスキュー用リギング作業、氷渡班は「右洞」「左洞」のルート確認を行った。

千葉・黒田・大池・岡本さん@日本洞穴学研究所・清水君@明大地底研・槇島嬢@明大地底研は「喜惣次穴」の探索へ向かう。この洞穴は実行委員が誰も入洞したことがない。プロット図を頼りに山狩りを開始、岡本さんの的確な判断により40分ほどで確認する事が出来た。
測図をもとに洞内を隅々まで確認、見つけたナガコムシを観察して出洞した。

14:00、時間的余裕があったので、千葉・黒田・大池・槇島嬢で「氷渡洞」のファンケイビングへ向かう。膝上まで水流に浸かりながら「左洞・石灰華段」手前まで向かい反転、帰路に「きらめく星座」「自由の塔」のスレイブユニットによる撮影を行いながら出洞した。

23:00、MTG後に消灯。


10日7:00、レスキュー講習会が開始される。メンバーは東京SCの山西さん・森住さん・湊さん・小池さん・飯田君、亀戸CCの松丸さん・小林さん、明大地底研の宮崎君・国田君及び岩泉町消防署員、観光洞窟職員。「氷渡洞」3ヶ所での負傷者の救出方法についての講習が行われた。
他のメンバーは氷渡バンガローを撤収、ふれあいランドの下見と町民会館での会場準備を行った。作業の合間にポスターセッションを準備、その後岩泉町役場へ移動、全員で資料封入作業を行った。

23:00、最終MTG後に消灯。

また、この日に小園が到着、黒田と合流してガールスカウト東京28団夏季野営が開始された。


11日11:00、受付が開始される。
千葉・大池は大会受付係、雨宮・酒井・細野・小園・黒田は「安家洞」「龍泉洞」「龍泉新洞」の見学へ向かった。

13:00、地R元メンバー全員は開会式、招待講演会「岩手の洞窟遺跡」「世界のカルストと洞窟」、巡検オリエンテーションに参加、その後ふれあいランドへ移動した。

19:00、各委員会が開催される。「洞窟測量・記録委員会」への参加メンバーは、千葉・大池ほか7名。UIS洞窟記号日本版について意見し、また国内洞穴記録管理について話し合われた。

23:00、MTG後に消灯。
喜惣次穴
ファンケイビング「喜惣次穴」
内間木洞・北洞
ファンケイビング「内間木洞」
町民会館
ポスターセッション

12日8:30、各大会巡検が開始される。

「内間木洞・北洞ファンケイビング」(細野参加)は、ナビゲーター千葉・大池。
「内間木洞」初入洞となった細野は、二次生成物をかき分けるように最奥部「断層の間」まで到達した時、ケイビングを始めたばかりの頃を思い出して感動していた。
大池は案内ルートをたびたび間違え、千葉と地形地質講習の平田さん@ウルトラCCに罵倒された。
「北洞」巡検後、「千畳敷」「南洞」「新川洞」を見学後に出洞した。
千葉は道中に隙をみて下戸鎖「中戸鎖洞」、安家「松林度穴U」に入洞した。

「内間木洞・稲妻洞ファンケイビング」(小園・黒田参加)は、ナビゲーター小池さん@東京SC・斎藤さん@亀戸CC・宮崎君@明大地底研。懸念していた「ずぶ濡れチムニー」「魔のチムニーbQ」も難なくクリア、「ぼんぼり流し」でムーンミルク観察、「銀河の滝」で荒業を行ってから出洞した。

「喜惣次穴ファンケイビング」(酒井参加)は、ナビゲーター清水君@明大地底研・槇島嬢@明大地底研。活動は山狩りメインということで行われたが、1hほどで難なく洞口が発見されてしまった。この時間は予想以上に早く、原因としてはあらかじめおおよその方角が教えられ、また実行委員の踏跡が残っていたことが考えられる。しかし、洞口を発見したときはやはり興奮するものがあり、出洞時間を設定してから2班体制で入洞した。
巨大な石筍やフローストーン、竹の節様に円盤状に横方向に発達した石筍が観察でき、想像していたより二次生成物がよく発達していて満足できた。

「カルスト水文学講習」(雨宮参加)は、講師岡本透さん@日本洞穴学研究所。氷渡や「龍泉洞」などでの流量測定などを行った。

18:30、懇親会が開かれる。今年は野外バーベキュー形式で行われ、クラブ紹介を含めた楽しいひとときだった。裸族は予想通り現れたが、結局は実行委員のみであった。思えばプレから毎日出没していたものである。
懇親会最後には菊地さん・湊さん・畠山さん@岩泉町役場の胴上げ&冷水浸けが行われ、不覚にも千葉も浸けられてしまった。



13日8:30、ポスターセッションのコアタイムが開始される。地R元は「奥多野かんな姫計劃」を発表、多くの質問に大池が答えた。また、小園・黒田・千葉は木崎さん@東京SCの紹介で上野俊一先生@国立科学博物館に「矢弓沢洞」で捕まえたガロアムシの同定・説明を受け、みな感激した。

9:30、研究発表会に地R元メンバー全員が参加、その後に雨宮・酒井・細野・小園は帰途についた。

13:00、閉会式出席後に完全撤収開始。

15:00、実行委員も帰途についた。


これまで地R元参加人数は富士山大会2名、秋吉台大会4名、苅田町大会3名。そして今回の岩泉町大会では最大の7名参加となった。うち2名は実行委員としてである。
我ながら友人が増えたことを実感した大会であった。次回は秋吉台ということである。(文責 千葉伸幸・細野誠・酒井智文)


「活動報告」に戻る
 次の「個別活動報告」へ進む TOPへ戻る

2001 Copyright(C) 地底旅団ROVER元老院
cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jp