タイトル 地底旅団ROVER元老院第331回CAVING
サブタイトル 初級堅穴訓練 at 日立市・大久保の風穴
分 類 訓練ケイビング
入洞洞穴 大久保の風穴(風穴鍾乳洞)
日 程 2016年5月28日(土)〜29日(日)
参加者 小池、木嵜、千葉の 以上3名
大久保林道「大久保の風穴」は総延長504.7m、高低差43.4mの竪横複合洞である。風穴は天神が造ったもので、人間がこの穴に入ろうとすると必ず洞窟の中から風が吹き出してくるという民間伝承がある。
洞内には、公開していた名残りとして古びた梯子が残っており、竪穴やリギングなどを練習する場としてもよく利用されている。
今回は竪穴初心者である小池の初級訓練ということで、昇降の他にリビレイ、ディビエーション、空中ノットの通過などの実践練習を目的に企画された 。


28日21:00、千葉宅に集合。早々に千葉車デリカに装備を積んで出発!のつもりが、倉庫から身に覚えのないダイナミックロープが2本出てきた。結局、地R元の物だと判明し、予定より30分遅れて出発!

22:00、スーパー「サミットストア 府中西原店」でお買い物。千葉が夕食を済ませてなかったので、大量の肉と野菜を購入する。今夜は焼肉で決まり。

22:30、国立府中ICから中央自動車道に乗って茨城へ向かう。車中では映画や海外ドラマの話題で盛り上がった。映画好きの千葉だが「ハリー・ポッター」の結末は知らなかったようだ。

23:45、首都高速道路、常磐自動車道と走り、日立南太田ICで一般道へと下りる。この時点の小池は来たる焼肉に心躍らせていた。

大久保林道
深夜の焼肉
24:20、大久保林道到着。洞口付近に車両を停め、シングルバーナーで焼肉を開始する。美味い・・・が重い。深夜の焼肉は腹に響いた。しかし、買ってしまったものは仕方がない。どうにか完食する。

27:00(3:00)、就寝。車中泊の予定でいたが、千葉が野宿でも大丈夫と判断。千葉・小池は外で、木嵜は車中で眠りに就く。


29日 6:30、起床。3時間前の肉がまだ腹にいるのを感じつつ、昨晩買っておいた汁物をすする。あさり汁を飲んだ木嵜の体調が異常に悪い。胃もたれにあさりは相性が悪いようだ。

8:30、入洞準備を済ませる。入洞前に初心者である小池のために、千葉がハンガーやマイオンの種類やレンチの用途について説明してくれた。ハンガーだけでも種類が多く、何だか難しかった。リギング習得までの道のりは長そうだ。
集合写真を撮ってから洞口へと向かう。

9:50、満を持して入洞!小池が先陣切って入った穴は「大久保の風穴」ではなかった。恥ずかしいが、初心者なら誰もが通る道らしい。
斜面を登って今度こそ入洞。洞内はそこそこに広く、かがむ程度で前進することができた。二次生成物も生物もほとんど見当たらず、正直なところ、見ていて面白い洞穴ではなかった。

10:00、ホール「八畳の間」に到着。1匹のコウモリが飛んでいた。
千葉がリギングするのを見ながら、木嵜・小池は果汁グミぶどう味をつまむ。リギングは手順がややこしく、将来自分がやることになると思うと気が重かった。

11:00、千葉によるリギングが完了。わざわざリビレイ用に新ルートを工作してくれたようだ。
小池が下降を開始する。人生2度目の竪穴に少し緊張したが、リビレイやディビエーションは案外すんなりと通過できた。小池リクエストの空中ノットの通過は苦労したが、何とか降りきった。
千葉曰く、国内で空中ノットの通過を要するロングピッチの洞窟なんてないそうだ。接続はピッチヘッドですればいい話で、わざわざ通過手順を複雑化する必要はないとのこと。もうやりたくないものだ。

11:40、木嵜下降開始。小池同様、空中ノットの通過には苦戦していた。千葉から檄を飛ばされながら下降完了。宙づり状態の人間の写真を撮るのが思いの外楽しいことに気付く。

12:40、千葉、木嵜、小池の順で登り返す。最後尾の小池がロープの回収を任されたのだが、ハンガーを取り外すのに手間取った。昇降よりも遥かに体力を使う作業であった。
その間、千葉が別ルートにトラバースラインを張ってくれていた。

14:00、小池がトラバース開始。元々苦手分野である上に、高所でのトラバースだったのでかなり苦戦した。
何とか渡り切ると、千葉・木嵜は来ないようなので、一人で奥へと進む。少し行くと小さめのホールがあり、コウモリのコロニーが出来ていた。グアノの臭いが酷く、またコウモリを起こしてしまうのも忍びないので引き返すことにする。
来た道を引き返しながら、再びロープを回収する。右腕が限界に近い。

14:40、デリギングを完了して出洞。
装備を洗うために川に下りる。長いロープを洗うのは思った以上に大変だった。大量の虫が飛んでおり、小池の不快指数が高まる。

16:40、洗浄を終えて帰ろうとすると車が動かない。木嵜・小池がドアを開けたままにしたせいでバッテリーが上がってしまったようだ。
自力ではどうにもならず、近隣のTさん宅へ助けを求めに行く。千葉と木嵜は何度か挨拶に立ち寄っているようで、突然の訪問にも関わらず快く二つ返事で手を貸していただくことができた。

17:00、エンジン始動。お礼を述べて「大久保の風穴」を後にする。予定外のトラブルで時間を使ってしまったので、入浴は諦めて食事処へと向かう。

17:30、「道の駅 日立おさかなセンター」到着。第3おさかなセンター内を物色した後、2Fにある「濱膳」に入店。
メニューを見ると、マグロフェアが開催されていた。それならばとマグロの桶盛り、マグロの竜田揚げを注文する。3人でマグロのカマ定食、カレイの煮付け定食、いくらサーモンの親子丼を分け合って食べたが、どれもこれも美味い。みなさんも茨城に来る機械があれば是非。

16:50、日立南太田ICから常磐自動車道に乗って東京へと車を走らせる。

19:40、守谷SA着。千葉が家族へのお土産を購入。後から聞くには、「フルーツあんみつ大福」は好評だったらしい。

21:00、千葉宅に到着。解散となった。
大久保林道 大久保の風穴・八畳の間 大久保の風穴・第1ピッチ
入洞準備中 リギングをする千葉 リビレイを通過する木嵜
大久保の風穴・第1ピッチ 濱膳
デリギングをする小池 活動終了! マグロの桶盛りと竜田揚げ


初級竪穴訓練という目的は完全に達成できた。千葉に「次はリギングだな。」と言われてしまったので、それまではいろいろな竪穴に行って経験を積もうと思う。
また、地元の方々との交流がいかに重要かを体感できた。これからも日本全国を飛び回ると思うが、その先々での出会いを大切にしたい。(文責 小池優志)


「活動報告」に戻る
 次の「個別活動報告」へ進む TOPへ戻る

2016 Copyright(C) 地底旅団ROVER元老院
cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jp