タイトル 地底旅団ROVER元老院第2回CAVING
サブタイトル 二次生成物との遭遇 at 中里村・立処鍾乳洞
分 類 観光・ファンケイビング
入洞洞穴 立処鍾乳洞(立処山の鍾乳洞・立処山第1洞)/不二洞(不二穴)
日 程 1998年3月22日(日)
参加者 千葉、雨宮、小塚、佐々木、赤木、小園、黒田、朝倉 以上8名
立処鍾乳洞・洞口前
みな入洞経験が少ない
立処鍾乳洞
石柱を観察
不二洞
二次生成物のお勉強
参加者8名中の4名が女性、そのうち2名が初ケイビングであったため、比較的安全と思われる群馬県の管理洞「立処鍾乳洞」が選ばれた。
 また、ほとんどの者が二次生成物を全く理解していなかったため、観光洞「不二洞」での観察会も計画された。


10:30、「立処鍾乳洞」へのアプローチを開始する。朝倉は通常20分の山道を40分かかって洞口に到着。遅すぎる・・・。

11:30、入洞開始。最奥部でキクガシラコウモリのコロニーを確認後に出洞、下山した。

13:00、食事処「木古里」で昼食。お店の方にキノコを栽培しているという「ちゃんから穴」の話を聞く。

14:30、上野村の観光洞「不二洞」へ移動する。豊富な二次生成物を説明しながら見て回るが、洞内は乾燥しており、風化が進んでいるのが気にかかった。出口付近では、さらに洞奥へ向かって観光開発しているようであった。

15:30、出洞して休憩所に戻ると、「不二洞弥生祭」が開催されていた。
ガラガラ抽選器を回すと、千葉が7等(十石味噌)、佐々木が4等(イノブタの缶詰)が当たったのであった。(文責 千葉伸幸)

「活動報告」に戻る
 次の「個別活動報告」へ進む TOPへ戻る

2000 Copyright(C) 地底旅団ROVER元老院
cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jp