タイトル 地底旅団ROVER元老院第267回CAVING
サブタイトル プロジェクトギャラクシー at 住田町・滝観洞
分 類 合同・調査ケイビング
入洞洞穴 滝観洞(風吹き穴・大洞の岩窟・大洞の洞窟)、白蓮洞(空穴第2洞・滝観新洞)
日 程 2012年1月7日(土)〜9日(月)
参加者 千葉の、細野、芦田、小池純、宮崎朋彦(以上、東京スペレオクラブ)、両角耕一、小池啓子(以上、明治大学地底研究部OBOG)、藤田絵梨子(パイオニアケイビングクラブ)  以上8名

岩手県住田町の洞穴調査プロジェクト「プロジェクトギャラクシー」に参加した。個人的には2000年から8回目の参加となる。
今回は地元への挨拶回りと「滝観洞」調査で、活動日程は7〜9日である。


7日0:00、JR新宿駅にて千葉・細野・芦田が合流、細野車で出発する。ほぼ同時刻に小池車(小池夫妻・両角・藤田)も出発した模様。

5:00、東北自動車道・前沢SAに到着。氷点下のなか仮眠する。

7:30、目が覚めると小池車も到着していた。合流して、レストランにて朝食。雪が降り始める。

8:30、出発。 細野車は種山峠越えをしたが、小池車は釜石自動車道経由で遠野市に立ち寄り、買い出しをしたようである。

10:00、滝観洞観光センターに到着。小池車はまだ到着しておらず、その合間を見て大洞鉱山を眺め、JR上有住駅を見学。この駅は鉄ちゃんに人気の釜石線の駅で、愛称は 「Kaverno(カヴェルノ:洞窟)」である。

11:00、一足先に滝観洞観光センターで休んでいるところへ小池車到着。

12:00、小池夫妻・千葉は地元のK野家に挨拶。その他は夕食準備を行う。

13:30、買い込んできた弁当で昼食。ブリーフィングを行う。

15:00、千葉・細野・芦田は、宮崎の案内のもと「白蓮洞」での洞内確認を行う。
出口側から入洞し、まずは観光洞部分を見学する。東日本大震災による目立った崩落はないが、燈篭が破損していた。
観光通路下の「第5ホール」を見学後、「ひざこすり」を経て「最北端」へ向かう。「最北端」の入口には水がたまっており、お約束で一番若い芦田を投入。つなぎで水を吸わせていたところに釜石線が通過。

17:30、予定通りに列車音を聞くことができた。その後引き返し、「エイリアン」を経て「新開地」を満喫した。

21:00、出洞。同時刻帯で、小池夫妻・両角・藤田は「滝観洞」での探検活動を行った。

22:00、夕食(鶏塩鍋、頂いた煮物・赤酢の大根漬・煮豆・なます)。

23:30、順番に入湯。

25:00、消灯。
白蓮洞・第2洞口 白蓮洞 白蓮洞・最北端入口
入洞開始! イチモツは全国にあるんですね 最北端入口は水に浸かります


8日7:00、起床。朝食。ブリーフィング。「滝観洞」において、各班に分かれて活動することとなる。

8:00、入洞準備。

11:30、活動開始。
宮崎・両角班は「イレイサーホール」を測量。小池け・藤田班は別の上層部を測量。小池は探検を兼ねて拡販の調整を行う。
千葉・細野・芦田班は、皮膜に穴の開いてしまったキクガシラコウモリ、「八つ墓村」撮影個所を横目にしつつ、メアンダートレンチ状の観光通路をひたすら進む。途中、東日本大震災の影響で一部が崩落、ガレが通路に散乱し、蛍光灯ケー ブルがはぎ落され、蛍光灯も地面に落ちている。洞壁の割れ目も、おそらく地震の影響だろう。業者が鉄製やぐらを組み上げ、上層部の様子を確認したようである。まずは安定しているようであったが、どこまで手をかけるか難しいところである。
観光部終点「天の岩戸の滝」において写真撮影会。照明がリニューアルされ、以前よりも滝の迫力がより鮮明となった。「この滝を登ったんだなぁ」と、初めて人工登攀で登ったことを思い出す。

12:30、細野は前日に肩を痛めてしまったため出洞。以降、遠野市内でひっつみ定食を食べたり、「蔵王洞窟遺跡」を見学したり、「遊林ランド種山」にてゆっくりと入泉した。

13:00、千葉・芦田は「乳房の岩」から上層部へ上がり、目標としていたポイントへ到達、写真を撮って終了とした。

16:00、芦田は出洞。千葉は小池け・藤田班に合流、測量フォローをする。

18:00、活動終了。

19:00、夕食(キムチ鍋)。 順番に入湯。

23:30、順次消灯。
滝観洞・ロケ地 滝観洞・天の岩戸の滝 滝観洞
この上に鎧武者が置かれました 照明がリニューアルした観光最奥部 上層部へ登る芦田


9日6:00、起床。清掃を行う。

7:00、挨拶をして滝観洞観光センター出発。

9:00、花巻空港に宮崎を残置。東北自動車道にて東京を目指す。

9:30、前沢SAにて朝食。小池車とはここで解散。

15:30、蓮田SAにて遅めの昼食。焦げ臭いことからオイルチェックをしてもらうと、著しく減っており、細野車は猿人オイル交換を余儀なくされる。

17:00、JR新宿駅到着。解散となった。


個人的には4年半振り、8回目のプロギャラ参加で、大怪我をしてからの初参加であった。滝観洞インターの開通、洞内照明リニューアル、そして新洞部発見と全てが興味深い活動であった。次回は調査に関して尽力したい。(文責 千葉伸幸)

「活動報告」に戻る
 次の「個別活動報告」へ進む TOPへ戻る

2012 Copyright(C) 地底旅団ROVER元老院
cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jp