タイトル 地底旅団ROVER元老院第243回CAVING
サブタイトル 耐震工事前巡検 at 裾野市・裾野第二風穴
分 類 合同・調査ケイビング・観光
入洞洞穴 裾野第二風穴、駒門風穴
日 程 2010年3月21日(日)
参加者 千葉の、山崎、本田、立原弘、川村一之、勝間田隆吉、伊東典夫、木崎裕久、宮崎哲、星野誠三、菊地健二、渡辺吉巳、小山啓介、小山氏、伊藤氏、大島氏、光森氏(以上、NPO法人火山洞窟学会)、杉本氏(裾野市役所)、井上氏(裾野市立富士山資料館) 以上19名
裾野第二風穴
菊地健二氏撮影
「裾野第二風穴(ふうけつ)」は1975(昭和50)年、裾野市庁舎基礎工事中に発見された三島溶岩流による溶岩洞である。総延長120.8m。
このたび耐震工事が行なわれることとなり、埋設前の巡検に「NPO法人 火山洞窟学会」にお願いして同行させていただくことになった。


21日7:00、地R元の集合時間に山崎から一報が入る。暴風のため、JR中央線が大幅に遅延しているとのこと。周囲を見渡すと、あちこちの棟が飛び、納屋が崩れ、屋根がそっくり吹き飛んだ家もある。関東では4:00頃を中心に暴風(千葉では瞬間風速38mとも)が吹き荒れたのであった。首都高速道路も一部通行止めのようである。果たして、全体集合時間に間に会うのだろうか・・・。

7:30、千葉と本田が合流。山崎を少しでも早く拾うべく、2駅先のJR国分寺駅へ迎えに行き、そこで無事合流。すぐさま出発する。

8:00、国立府中ICから中央自動車道へ乗り、富士五湖周遊道路を経由して裾野市へ向かう。道路は空いており順調に進む。

9:00、裾野市役所付近到着。朝食を「バーミヤン 裾野店」にて取りながら集合時間まで待機。

10:00、裾野市役所駐車場にて火山洞窟学会の方々と合流。いつも会っている方、久しぶりの方、初めての方に挨
拶を行なう。休日入口にて氏名を書いてから、402号室「地下空洞調査控え室」に通される。

10:30、市役所総務管財室職員により資料が配布、説明がなされる。今回の市役所庁舎耐震工事が決まった経緯、埋設工事に関する事前調査結果、埋設工法、埋設に伴う洞窟保護に関して丁寧な説明をしていただいた。建物地下に洞窟がある地上5階の建物の耐震工事(免震構造)は日本初であり、建物移転できないのであれば、洞窟を埋設せざるを得ないとのこと。庁舎から外れる部分は洞窟を残し、点検口(=人工洞口)を設置するという事であった。

12:00、休憩。近くの「ベルシティ 裾野店」にて昼食を購入。

13:00、402号室で着替えを済ませ、エレベーターに乗っていざ洞口へ。洞口は地下1階にあり、その工事をしているときに開口したとのことである。廊下に開いた点検口から2m降り、さらに3mほど降りると、そこには暗黒世界が広がっていた。全体的に天井高が低いが、立って歩ける空間もある。基礎補強のコンクリートが鎮座し、鉄柱が生えるという、洞窟としても奇観である。
各所で写真を撮りながら、珪酸による二次生成物、コンクリート成分による二次生成物、洞窟珊瑚のようなものを観察した。溶岩洞は専門外であるため、全てが目新しい。生物も探したが、小柄沢川から流入したサワガニしか確認できなかった。

15:00、出洞。

15:30、解散。駐車場で木崎さんらを待ちながら、立原会長にいろいろとお話を伺う。

16:00、ついに待ちきれなくなって市役所を後にする。

16:30、山崎のリクエストにより、観光洞「駒門風穴(かざあな)」に立ち寄ることとなった。形成成因を想像しながら観光していると、目の前につなぎ姿の人が横切った。木崎さん? 観光洞でもつなぎ姿とは驚きある。あらためて溶岩洞のレクチャーを受けながら洞内を楽しむ。

17:30、出洞。チケット売り場の方は木崎さんと顔見知りのようで、山崎と本田は洞窟グッズとして御守りを購入して千葉へ。安産祈願って書いてあるんですけど・・・。木崎さんと解散。

18:00、相方へ土産物を買うべく「御殿場高原 時之栖」へ。貢ものをしないと、今後の活動に影響が出てしまう。地ビールやソーセージを購入し、B級グルメ王者「富士宮やきそば」とB級グルメ新参者「すその水ギョーザ」を食す。

18:30、出発。

21:30、JR国立駅到着。解散。千葉はそのまま村野と合流、ケイビングジャーナルの最終チェックを行なったのであった。


丁寧な説明をしていただいた「裾野第二風穴」。一方、同じ県内にありながら不十分な説明のみで埋設しようとする「三島風穴」と、対応差が際立った。裾野市役所の皆様にはこの場を借りてお礼申し上げます。(文責 千葉伸幸)
裾野市役所402号室 裾野市役所1F 裾野第二風穴
耐震工事の経緯を説明する職員 地下1階から洞内へ降りる 更にマンホールを降りる
裾野第二風穴 裾野第二風穴 裾野第二風穴
鉄柱が生える空間 珪酸による二次生成物 この空間は残される予定

「活動報告」に戻る
 次の「個別活報告」へ進む TOPへ戻る

2010 Copyright(C) 地底旅団ROVER元老院
cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jp