タイトル 地底旅団ROVER元老院第232回CAVING
サブタイトル 目指せ熊石洞!SRT訓練 at 日立市・大久保の風穴
分 類 合同・訓練ケイビング
入洞洞穴 大久保の風穴(風穴鍾乳洞)
日 程 2009年8月2日(日)
参加者 木嵜、荒木、千葉の、藤田絵梨子(パイオニアケイビングクラブ) 以上4名

大久保林道「大久保の風穴」は総延長504.7m、高低差43.4mの竪横複合洞である。風穴は天神が造ったもので、人間がこの穴に入ろうとすると必ず洞穴の中から風が吹き出してくるという民間伝承がある。竪穴の基本訓練やリギング練習する場として、関東ケイバーには身近な洞穴のひとつである。
「熊石洞」での活動を目標とし、前回6月に続いてリギングやデリギングなど、各自がそれぞれの技術習得を目指すために企画された。また、抜き打ちで地R元内での「緊急連絡初動訓練」も同時に行った。


6:00、木嵜は、地R元活動で初めて自家用車を提供。マニュアル車を運転し、一人ビビりながらも千葉宅へ到着。装備を積み出発。しかし、早くもコンビ二の駐車場にて大型車に車の移動を頼まれ焦る。大型車にぶつかりそうになりながらも移動した。第1段階突破。

7:00、JR新宿駅東口ロータリーにて荒木・藤田さんと合流、出発。首都高速道路は恐いので千葉と選手交代!首都高を抜け、常磐自動車道に入ったとたん事故渋滞につかまる。かなりノロノロ運転。

8:30、やっとの思いで守谷SAにて休憩。ひたちなか市で行われる野外ライブと重なり混雑。車も多い。トイレに行くのも渋滞。ドライバーは木嵜へ。車内では、今回やることの確認。初めてリギングを行う藤田さんは、車内でロープワークの練習。

10:10、当初の予定よりも遅れたが「大久保の風穴」に到着。入洞準備。林道にて千葉によるアンカーやハンガーの種類を説明中、ずっと千葉の周辺には大量のやぶ蚊が・・・。千葉は完全ロックオン状態。次回は蚊取り線香必携。

11:40、入洞開始。まずは、第1ピッチリギング開始。木嵜は藤田さん・荒木にロープの張り方について説明しながら張る。その間、千葉は食事をしながら私達のやり取りを見守る。流動分散を作って降下。その後、藤田さん、荒木、千葉の順で降下する。第2ピッチは初リギングとなる藤田さんが挑戦。私達は待ちながら昼食を取り、荒木からの差し入れ「ダージリンチーズケーキ・レモンケーキ」を堪能!このケーキ本当に美味!もう一度食べたい。

14:00、木嵜はトラバースラインを張りに移動することになった。その前に、千葉によるオンロープレスキューのデモンストレーション。ビクティムは木嵜。千葉は木嵜に対して「重い」やら「何キロあるんだ」と文句を言いながらも10分たらずでレスキュー完了。オンロープレスキューは洞壁が近いと体が振れずやりづらい模様。ビクティムだった私は、チェストハーネスが首に引っかかりすごく苦しい。レスキューの大変さを体験。

14:40、千葉・藤田さん・荒木の3人は、第2ピッチを降下して第3ピッチへ。その間、上層部へ戻った木嵜はトラバースラインを張り始める。トラバースラインをビンビンに張り終わり、一旦千葉たちを呼ぶものの返事なし。そのまま待機する。

16:00、トラバースラインの通過練習は間に合わず、木嵜が撤収開始。第3ピッチは荒木が初デリギングを行った模様。

16:30、上層部で荒木と合流。第2ピッチは藤田さんがデリギングを行った。しかし、千葉はカメラが無いことに気付き、自ら第2ピッチ張りなおしてカメラを回収をしに向かう。

16:40、木嵜・荒木出洞。装備を洗いながら、地R元内での「緊急連絡初動訓練」を行うために携帯を片手に待機。すぐ近くに民家があるとは言え、林道では携帯の電波が安定しなかった。

17:20、藤田さん出洞。第2在京の山崎から、現地から活動終了報告が無いために連絡がくる。

17:30、千葉出洞。第1在京の浅倉からも連絡が入るが、この訓練の協力者である千葉さ・村野てと連絡を取り合って、もう少し訓練続行を決定。

18:00、山崎が主体となり各旅団員と連絡を取り始めレスキュー体制の調整をはじめる。ここでネタをばらして、訓練終了。

19:30、装備洗い終了後、出発。

20:00、「浜膳」にて「目光のから揚げ」や「シラス丼」を堪能。前回失敗した「味噌チーズケーキ」は無論食さなかった。この時木嵜はトイレで鏡を見て、自分の首にうっすら絞められた痕が・・・。

21:00、東京へ向け出発。しかし、高速道路入口を見失い、一向は露頭に迷う。なんとか発見して一安心だが、雨が降ってくる。結構大粒の雨の模様。

22:30、守谷SAにて千葉と運転交代。しかし、行きと違い渋滞もなく快適。

23:10、JR新宿駅に到着。荒木離脱。

23:30、JR中野区内で藤田さん離脱。     

24:00、千葉宅に到着。荷物を降ろし解散。


今回の活動では、ロープを張るスピードもやや向上し、リギングしながら先を考えられるようになってきたと思う。
全体的には、藤田さん初リギング・荒木はデリギングを行うことができた。触り程度だが、今回の目的である項目はすべて行うことができたのでよかったと思う。
個人的には、前回の反省を十分生かし活動をすることができたため、有意義な活動を行え、千葉からも「熊石洞」へ行けると合格点を頂いた。早く「熊石洞」へ行きたい。
反省点として、前回の活動の際、ハンガーを1つ林道へ置き忘れて帰ってしまったこと。忘れ物や団体装備の管理には十分配慮して活動していこうと思う。(文責 木嵜ちひろ)
大久保の風穴・八畳の間 大久保の風穴・第2ピッチ 大久保の風穴・第3ピッチ
リギングを開始する木嵜 降り始める荒木 第3ピッチを登る藤田さん


「活動報告」に戻る
 次の「個別活動報告」へ進む TOPへ戻る

2009 Copyright(C) 地底旅団ROVER元老院
cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jp