タイトル 地底旅団ROVER元老院第150回CAVING
サブタイトル 穴単価5万円への挑戦 at 西予市・竜王洞
分 類 合同・ファンケイビング
入洞洞穴 竜王洞
日 程 2005年4月8日(金)〜10日(日)
参加者 千葉、関治、川口美智久、中西博己(以上、京都ケイビングクラブ) 以上4名
熊石洞・洞口
−50m地点(関氏撮影)
2004年「マイコミの竪穴」活動の際に誘っていただいて以来、渉外が難航していた「竜王洞」企画。やっと雪が溶けたということで、地主さんから2週連続で入洞許可を頂いた。当初は−65m地点支洞奧での人工登攀であったが、関さん以外初入洞ということで、次週アタック用のリギング及びファンケイビングとなった。
また、東京から単独参加となるため公共機関利用、一穴50,000円を目指しての活動となった。


8日21:00、新幹線のぞみで東京駅発。日頃、車両で移動しているため、飲んでいれば到着するということでご機嫌である。間違って喫煙車に乗ってしまったため、燻されながらもビール500ミリ2缶で京都駅到着。

24:00、烏丸線国際会館駅で関さんと合流。京都に就職した宮野原@地R元も迎えにくる。関邸にて穴ネタで飲み会を開催。3歳の娘を吊している写真を見て苦笑。

26:30、宮野原をこづきながら消灯。


9日5:00、起床。本当に寝たんだろうか?川口君・中西君と合流、宮野原を残置、一路四国へ向かう。恐ろしいほどに穴ネタが尽きない。楽しい。

13:00、瀬戸大橋を渡り、松山市内で買い出しをした後、四国カルスト到着。すぐさま地主さんに挨拶、入洞準備を行う。

14:00、入洞開始。と言いたいところだが、現地には洞口がなかった。我々は初見なのでよく分からないのだが、関さんは少し焦っているようだ。よく観察してみると、ドリーネ縁の露岩が崩落、見事に洞口を塞いでいるらしい。運良くはまってはおらず、関パワーで開口。「入洞中に塞がれたら「仄暗い水の底から」だね」と冗談を言いながら入洞。とはいえ、冗談じゃないよなぁ。。。
リギング関、2nd川口、3rd中西、しんがり千葉の順に進む。関さんのリギングは手際よく、待たされた感なく先へ進む。8ピッチとも11ピッチとも言われているが、これはラダーの場合であり、SRTでは5ピッチで最深部となる。
1ピッチ−3m、2ピッチ−45mと降り、−53m地点に到着。
すると、洞壁にはキクガシラコウモリ10頭とテングコウモリ10頭がいた。コクキガシラコウモリならいざ知らず、狭洞部を経てこの地点まで降りているのは初見である。
3ピッチ−13mを降り、4ピッチ目をリギングしている間、次週人工登攀アタック予定の支洞を見学する。崩落岩の通路を進むと、微水流のあるホールに出る。正面上部+5mには開口部があり、滴下水が確認できる。洞壁も安定しており、比較的登りやすそうである。
4ピッチ−70m、5ピッチ−25mと降りて−160m地点に2時間で到着。一応、最深部まで行き、「竜王洞」を満喫する。楽しい。

17:00、ラーメンやフルーチェを食べ、談笑してから、出洞を開始する。デリギングはしないので楽である。3ピッチ、2ピッチで写真撮影を行っているとウサギコウモリ確認。やはり高地の洞穴ということを意識する。

19:30、出洞。予定より4時間も早く、地主さんへ出洞連絡も済ませる。近隣の牧場主さんとも遭遇、ヒキガエルを蹴り転がしながら会話をする。

20:30、霧の中、幕営地を求めて四国カルストのどこかへ移動して焼肉大会。楽しい。

22:30、消灯。

27:00、いつの間にか横殴りの雨が降っており、フライ張りを怠ったため、テント内が浸水し始める。滴下水と思えば気にならないので、再び消灯。 


10日7:30、起床。撤収後に下山開始。活動が前倒しになったため、温泉へ立ち寄ることにする。

9:30、道後温泉到着。3年前に入れなかった本館に入泉。楽しい。その後、関さんにいよかんソフトクリーム、ぬれおかきをご馳走してもらい、愛媛を満喫する。

17:00、京都駅にて解散。間違って新幹線のぞみグリーン車両という最高値を選択、生八つ橋と京野菜の煮付けを肴にビール500ミリ3缶で東京駅到着となった。


「寒い穴」と聞いていたものの、それは入洞時期の問題のようで、今回寒さは全く感じなかった。
目指した一穴50,000円は、関さんらのはからいで活動費軽減。よって、一穴43,000円にとどまった。
とにかく終始楽しい活動であった。(文責 千葉伸幸)
竜王洞・洞口 熊石洞・第1テラス 熊石洞・第8テラス
埋没していた洞口復活作業 第2ピッチヘッド(−7m地点) 仲良し記念撮影(−160m地点)

「活動報告」に戻る
 次の「個別活動報告」へ進む TOPへ戻る

2005 Copyright(C) 地底旅団ROVER元老院
cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jp