洞穴名

龍泉新洞(りゅうせんしんどう)

別 称

龍泉新洞科学館

所在地 岩手県下閉伊郡岩泉町字小屋敷
アプローチ

岩泉市街より県道7号(久慈岩泉線)を北上すると、清水川左岸に開口している。周辺図(YAHOO!地図)

管理状態

観光洞(岩泉町龍泉洞事務所рO194−22−2566) 

縦断面分類 横穴
規 模

総延長150m 高低差?m(日本洞穴学研究所〔1998〕:「日本洞穴学研究所 第16号」より)

洞穴情報 考古学展示資料1967年県道拡張工事の際に発見された。現在の出口からは土器、石器が発見されている。
洞穴を利用した洞穴科学館で、洞穴学、地質学、生物学、考古学が学べる。これらの展示は好みが別れると思うが、洞穴性・非洞穴性の生物を比較展示しているなど、興味深いものも多い。
リニューアルの計画がある。

入洞料金1000円(龍泉洞共通)。(文責 千葉伸幸)

岩手県岩泉町公式ホームページ

入洞者 千葉、雨宮、酒井、細野、小園、千葉さ、大池、村野て、中野
最終入洞日 2012年12月31日(細野)
あそぶ

ふるさと体験工房:国道455号沿い、道の駅内。ソーセージ、ハム、アイスクリームの手作り体験ができる。рO194−22−2303

たべる

ラ・フォンテ:龍泉洞脇にあるイタリアンレストラン。ワタリガニが1杯入ったスパゲティグランキが美味しい。рO194−22−2764

いやす

龍泉洞温泉ホテル:日帰り入浴可。県道7号沿い、龍泉洞から南へ700m。地元土産も揃っている。рO194−22−4141

「地R元的洞穴ガイド」へ戻る 龍泉洞へ進む TOPへ戻る


2001-2015 Copyright(C) 地底旅団ROVER元老院
cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jp