洞穴名 生犬穴(おいぬあな)
別 称 生犬洞・生犬の穴
所在地 群馬県多野郡上野村大字乙父1908−1
アプローチ

秩父市街より国道299号を群馬方面へ進む。中村橋の手前を右折、小原橋を渡って「慰霊の園」へ向かう。そこより林道を進んだところに開口している。

管理状態

管理洞(許可必要=地主ほか)

縦断面分類 斜洞
規 模 総延長183.2+m 高低差41m(亀戸ケイビングクラブ・江戸川ケイビングクラブ・地底旅団ROVER元老院〔1999〕:「群馬県多野郡上野村生犬穴ケイビングおよび測量のレポート」より)
洞穴情報 フローストーン「常世の滝」1929年に黒澤房雄、滝上親子ら4名によって発見、オオカミ(生犬)が棲んでいたことから「生犬の穴」と呼ばれる。その後は観光化(洞内照明なし)されたが、洞内崩落のため閉鎖された。
洞内は下へ下へと降っていく形態で、格段差にはアングル構造の梯子が掛けられている。全体的にフローストーンがよく発達しており、天然記念物指定のきっかけとなった流礫棚「鈿女の踊場」、天井溝「八岐の大蛇」、弓なり石柱「天の真賢石」など見所も多い。
国指定天然記念物。
洞内照明なし。洞口は施錠されている。(文責 千葉伸幸)
入洞者 千葉、雨宮、酒井、小園、千葉さ
最終入洞日

1999年10月31日(千葉、雨宮、酒井、小園、千葉さ)

み る 旧黒澤家住宅:楢原。伝統的な割板葺きの屋根が見られる。рO274−59−2111(教育委員会)
たべる JA焼肉センター:国道299号沿い乙父。イノブタがしゃぶしゃぶ、焼肉で食べられる。рO274−59−2929
いやす

「ヴィラせせらぎ」:日帰り入浴可。国道299号沿い。рO274−59−2585

「地R元的洞穴ガイド」へ戻る TOPへ戻る


2001 Copyright(C) 地底旅団ROVER元老院
cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jp