洞穴名 飛騨大鍾乳洞(ひだだいしょうにゅうどう)
別 称 箱穴
所在地

岐阜県高山市丹生川町日面

アプローチ 高山市街より国道158号線を平湯温泉方面に進み、案内板に従って左折、突き当たりの有料駐車場の脇に開口している。周辺図(マピオン地図)
管理状態

観光洞(飛騨大鍾乳洞観光株式会社рO577−79−2211) 

縦断面分類 横穴
規 模

総延長約1800+m 高低差?m(案内板より)

洞穴情報 ヘリクタイト(自称日本唯一)1965年、採石に来ていた大橋氏によって発見さけた。観光化に伴い、「箱穴」と下流部の洞穴を人工洞約50mによって連結、「飛騨大鍾乳洞」となった。
前半は水平洞、後半は斜洞で、共に二次生成物は豊富である。「日本に一ヶ所 当鍾乳洞以外にない」というコメントはともかく、教科書のような見見事なヘリクタイトが身近に観察できる。出口は3つあり、体力・興味に応じて出洞が可能。
入洞料金1000円(大橋コレクション館入館料を含む)。(文責 千葉伸幸)
入洞者

千葉、細野

最終入洞日 2001年7月29日(細野)
み る 大橋コレクション館:飛騨大鍾乳洞脇。鍾乳洞発見25周年記念として製作された時価約2億円の金塊が展示されている。рO577−79−2211
たべる

飛騨めん処板蔵:丹生川村、国道158号沿い。工場直営ラーメン店で製造過程も見学できる。和風ラーメンが楽しめ、お土産用もある。рO577−78−1138

いやす

平湯温泉郷:あちこちに施設があるが、なかでも日帰り施設「神の湯」がお勧め。

「地R元的洞穴ガイド」へ戻る TOPへ戻る


2001 Copyright(C) 地底旅団ROVER元老院
cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jp