洞穴名 ちょうちん穴(ちょうちんあな)
別 称

曲良洞穴・川乗鍾乳洞・ちょうちん穴第1洞−第2洞

管理状態

自然洞 

縦断面分類

横穴

規 模 総延長約300m 高低差?m(近藤純夫編〔1995〕:「ケイビング 入門とガイド」より)
洞穴情報 第2洞側洞口洞内は「第1洞」と「第2洞」に分かれている。連絡部は極めて狭小なので細心の注意を必要とし、初心者や身体の大きい者はアタックすべきではない(レスキュー困難)。「第1洞」は、竪穴状の洞口を入り、突き当たりを左に進むと箱庭のような小さな二次生成物群がある。途中右に進むと、キーホールパッセジ、ハート型開口部、連結部がある。「第2洞」は、左へ進み2つのクラックを降りると最奥部へ到達できる。
近くに河原があり、入洞前にバーベキューをやったりする事もできるので、ファンケイビング向きの洞穴といえる。しかし、アプローチ林道は2004年10月現在車両通行止のため、その事を考慮して計画を立てる必要がある。
また、付近のワサビ棚へは絶対立ち入らないように注意を払うべきである。(文責 山下勲)
入洞者 千葉、雨宮、村野み、酒井、村野て、小園、細野、赤木、千葉さ、中野、山下、大池、宮野原、渡辺、鈴木
最終入洞日

2004年7月4日(千葉、宮野原、村野て、細野、鈴木)

「地R元的洞穴ガイド」へ戻る 日原洞穴群へ進む TOPへ戻る


2000-2004 Copyright(C) 地底旅団ROVER元老院
cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jp