八つ墓村
制作年 1996(平成8)年
製作会社

東宝株式会社

時 間 127分
監 督 市川崑(角川映画、横溝正史+市川崑+石坂浩二の金田一耕助シリーズを手がけた)
出 演 金田一耕助=豊川悦司 寺田辰弥=高橋和也 森美也子=浅野ゆう子 多治見久弥・要蔵・庄左衛門=岸辺一徳 等々力警部=加藤武
発売(販売) フジテレビジョン・東宝株式会社・株式会社角川書店(株式会社ポニーキャニオン)
備 考 3度目のリメイク映画作品。
昭和24年が舞台。
時代の流れか、洞内外のロケがかなり制限されているのが惜しまれる。
洞 穴

非常に複雑な洞穴で、洞口は少なくとも以下の2ヶ所ある。
 @田治見家の蔵内
 A濃茶の尼の住む慶勝院付近
「龍の顎(あぎと)」と呼ばれる箇所は二次生成物が豊富である。

登場時間 48分後に登場。
ロケ地 「満奇洞」
洞口付近の「銀の幕」「五重の塔」などのあるホールで全てが撮影された。
現地には豊川悦司の色紙が飾られている。
八つ墓村一覧に戻る 次へ進む TOPへ戻る

2000-2001 Copyright(C) 地底旅団ROVER元老院
cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jp