八つ墓村
制作年 1977(昭和52)年
製作会社 松竹株式会社
時 間 151分
監 督 野村芳太郎(娯楽作品から社会派推理作品まで幅広く手がける)
出 演

ビデオ寺田辰弥=萩原健一
森美也子=小川真由美
金田一耕助=渥美清
多治見久弥・要蔵(二役)=山崎努
多治見春代=山本陽子
多治見小竹=市原悦子
磯川警部=花沢徳衛
尼子義孝=夏木勲
落武者=田中邦衛
庄左衛門=橋爪功
諏訪弁護士=大滝秀治
久野医師=藤岡琢也
工藤校長=下條正己

発売(販売) 松竹株式会社ビデオ事業部(松竹株式会社ビデオ事業部)
備 考

DVD2度目のリメイク映画作品。日本アカデミー賞音楽賞受賞。
昭和52年が舞台。

八つ墓村映画の最高峰。
金田一耕助はほとんど寅さんだが、ホラー映画といっても良いほどおどろおどろしく完成している。
また、後半は主人公が洞内探索や鬼ごっこをしてくれるので、洞内をたっぷり楽しむことが出来る。

洞 穴
現地案内板
川上洞見取図
岡山県指定天然記念物「川上洞」

所在地は岡山県阿哲郡ミタ村川上。
鳥取県境・明地峠の眼下にある岡山県新見市千屋花見とも考えられるが、周辺風景から現在の岡山県高梁市成羽町吹屋(旧:川上郡成羽町大字吹屋)と推測される。

非常に複雑な洞穴で、洞口は以下の4ヶ所がある。
 @信仰洞化しているメイン洞口
 A多治見家の蔵内
 B八つ墓明神の脇
 C黒川谷

洞内は「猿の腰掛」「木霊の辻」など随所に名称が付けられており、「鬼火の淵」のリムストーンプール、「龍の顎(あぎと)」の二次生成物は見事である。また、落差29mの洞内滝は圧巻である。
作品内では簡単な平面図が発表されている。

登場時間 56分後に登場。
ロケ地

謎の洞口兼清洞(山口県美祢市)
川上洞のメイン洞口として撮影された。
秋吉台に開口している総延長350mの横穴で、2009年現在も周辺共に変化していない。
ロケ協力洞としてエンドクレジットに載っておらず、ロケ地として情報を求めていましたが、2005年に山口大学洞穴研究会より情報入手、同年確認に至りました。ありがとうございました。

 

 

鎧武者滝観洞(岩手県気仙郡住田町)
1977年5月21〜24日、辰也と春代が鎧武者(=多治見要蔵の亡骸)を発見するシーン、洞内探索する辰弥と美也子が洞内滝「天の岩戸の滝」を見上げるシーン、蔵から奥へ続く割れ目状で天井の高い通路が撮影された。
洞内滝と天井が高いメアンダートレンチが見所の、総延長1400m+の観光洞である。
洞内には撮影にまつわる脚本付き説明版がある。

 

龍河洞(高知県香美市)
二次生成物が発達する場所のシーンが撮影されたと推測される。
遺跡「神の壺」が見所の総延長2300mの観光洞である。

 

千枚田満奇洞(岡山県新見市)
リムストーンプール「千枚田」で双生児の老婆・小梅が殺害されているシーン、「あみだ石」で「猿の腰掛」のシーン、石柱「大黒柱」付近で駆け回るシーンが撮影された。
小梅殺害現場シーンは、「千枚田」で最も大きなリムストーンプールにエメラルドグリーンの水をためて撮影した模様である。よく見れば、観光通路も確認できる。
撮影は集中してリムストーンプール周辺で行われたことになる。
照明も色鮮やかな総延長450mの観光洞である。
現地には撮影にまつわる色紙や写真がある。

 

秋芳洞(山口県美祢市)
二次生成物が発達する場所のシーンや、一部水流が撮影されたと推測される。
国内で最も有名な総延長8790mの観光洞である。
洞窟ではないが、集落を見下ろす高台として秋吉台が使用されている。

 

かすり天井景清洞(山口県美祢郡美東町)
ボックスワーク「かすり天井」付近の水流において、辰也が小梅を捜すシーンや鬼女化した美也子が辰弥を追いかけるシーンが撮影された。
予約無しで無照明ケイビングも楽しめる総延長1600mの観光洞である。

 

大正洞(山口県美祢市)
小滝「音羽の滝」で滴下水音が収録された。
また、天井部におけるコウモリ・コロニーのシーンも撮影されたと推測される。
なお、鎧武者が安置されている「猿の腰掛」と同名の「さるのこしかけ」と呼ばれる二次生成物がある。
溶食形態が美しい総延長924mの観光洞である。
現地には撮影にまつわる説明版がある。

 

水連洞(鹿児島県大島郡知名町 沖永良部島)
辰弥と美也子が洞内探索するシーンが撮影されたと推測される。
リムストーンダムが素晴らしい総延長1000m+とされる旧観光洞である。

 

昇竜洞(鹿児島県大島郡知名町 沖永良部島)
上流側洞口付近やカルサイト結晶が瞬くフローストーン周辺にて、辰弥と美也子が洞内探索するシーンが撮影された。
各シーンは琉球石灰岩が特徴的なので、ケイバーならすぐ判明する。
島内唯一の観光名所(観光洞)である。



参考文献 岡本透 (1995) : 映画にみるカルスト地形

 

八つ墓村一覧に戻る 次へ進む TOPへ戻る

2001-2010 Copyright(C) 地底旅団ROVER元老院
cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jp