氏 名 千葉 伸幸(Chiba, Nobuyuki) モビリティーパーク
通 称 ち〜さん、俺様
役 職 代表・渉外・需品・広報(Web Master)
年 齢 カルトドリンク「サスケ」を飲んでいた世代
性 格 大器晩成のたぬき(逆境に耐える筋金入りのタフガイ)
B型+ 乙女座 
職 業 武力屋
好穴系活動 調査活動、活動に絡めた郷土食堪能
アドレス caver__c@hotmail.com トライアル第3戦にて、初代愛機を虫干し中。
1972年 観光溶岩洞「富岳風穴」でお穴初め。
1980年 TV「水曜スペシャル 川口浩探検シリーズ」を鑑賞。
以来、洞穴探検に強く引かれ、川口浩は真の探検家だと信じたまま防空壕探検ごっこを繰り返す。
1988年 第2回シニアースカウト大会(ボーイスカウト全国大会)にて、陸上自衛隊富士駐屯地内の溶岩洞で初ケイビング。 SS大会
 洞穴探険プログラム修印
1993年 ボーイスカウト府中第2団ローバー隊新歓企画にて、「小袖鍾乳洞第2洞」で本格的ケイビングを体験。
1995年 「倉沢鍾乳洞」に入洞したことにより、洞穴の魅力にはまる。
以来、関東エリアでのファンケイビングを繰り返す。
1997年 単独活動の限界を感じるが、入会可能なケイビングクラブが見つからず。ボーイスカウト仲間である雨宮・池谷の3名で「地底旅団ROVER元老院」を発足。
1998年 「日本洞窟学会」に入会。
2002年 韓国遠征(2002三陟世界洞窟博覧会)。
2005年 フランス遠征。
2006年 日本洞窟学会評議員に就任(6期目継続中)。
ケイビングジャーナル編集委員会委員長に就任(継続中)。
ケイビングジャーナル編集長に就任(3代目/〜2010年)。
2007年 ケイバーと結婚。
2010年 100%のケイバー遺伝子を持った息子を作成。
2012年 スロヴァキア−ハンガリー−スロヴェニア単独遠征。英語が話せなくても何とかなるもんである。
2013年 日本洞穴学研究所研究員に就任(継続中)。
2014年 100%のケイバー遺伝子を持った娘を作成。まさかの一卵性双子。
2016年 洞窟測量・記録委員会副委員長に就任。
ケイビングジャーナル副編集長に就任。

難しい理屈、高所、米国の政治は嫌い。
SRTは10mを越えると目をつぶって昇降する日々が続いていたが、2004年は人工登攀などの活動が多かったためか「洞壁一点病」を体得した。

ケイビングのほかには、4×4クロカン走行、映画鑑賞が趣味。

決して、ひとりでは見ないでください 想像を絶するこの大残酷を全篇正視できるか?
かつての愛機は日産サファリ改。
3台目サファリ「ガソリン・ロング」をベースとし、バンパー類を1台目サファリ「ディーゼル・ショート」から、ホーシング類を2台目サファリ「ディーゼル・ロング」から、ミッション類を4台目車両「ディーゼル・ショート」から移植。
さらに180万円ほど手を加えたところ、結果的には燃費3km/Lの泡沫的車両が完成。移動手段として最も嫌われる。
現在は双子が産まれたことから三菱デリカD:5に。情けない。。。。。

映画は低予算作品を好み、特に幼少からホラーがメイン。
一番のお気に入り作品は、闇と鮮血という謳い文句のイタリア映画「サスペリア」。繰り返し流されたテレビ宣伝によって、純粋な園児が赤と黒に固執する起因となった。
中学生のときにアメリカ映画「悪魔のいけにえ」をビデオ鑑賞。決定打となった。

ルーツは奥州千葉氏。→HP:千葉氏の一族


日本洞窟学会(ケイビング探検技術分野評議員、ケイビングジャーナル編集委員会委員長、洞窟測量・記録委員会副委員長)、日本洞穴学研究所、山口ケイビングクラブ、東山ケイビングクラブ(結婚祝いに強制入会)、洞窟救助隊、コウモリの会所属。
龍泉洞再測量調査に参加中。

2016年の抱負:各報告書発行。旅団員の技術力アップ。

「旅団員紹介」に戻る
 次の「個人紹介」へ進む TOPへ戻る

2000-2016 Copyright(C) 地底旅団ROVER元老院
cavers_rover_in_tokyo@yahoo.co.jp