ボーイスカウトの組織を通じ、青少年がその自発活動により、自らの健康を築き、社会に奉仕できる能力と人生に役立つ技能を体得し、かつ、誠実、勇気、自信および国際愛と人道主義を把握し、実践できるよう教育すること。

「子供たちにアウトドア活動の楽しさを体験してもらう」ことが目的ではありません。大自然のやさしさや厳しさに触れること、そして、奉仕活動で他の人の役に立つことで、体と心の成長をうながし、立派な社会人に育つ支援をすることを目指しています。

 

ボーイスカウトは子供の年齢にあった育成を行うために、5つの部門に分かれて活動します。
さらに詳しいことをお知りになりたい場合には、日本連盟のホームページをご覧ください。

 

部門 年齢 特徴

ビーバースカウト

小学校1年生の直前の1月
〜小学2年

「みんなとなかよく遊ぶ」「自然に親しむ」「楽しみ喜びを分かち合う」の3つを狙いにおいています。

カブスカウト

小学校3年
〜小学5年

「自分で考え、自分のことは自分でする」、「みんなでルールを作って仲良く遊ぶ」、「自然や社会とふれ合う」ことで自立心や創造力を養います。

ボーイスカウト

小学6年生
〜中学3年

テントの張り方、地図の読み方、炊事や工作、自然観察を楽しく学びます。また、自分のためだけでなく、奉仕の精神を持ち、人のために役に立つことの大切さを学びます。

ベンチャースカウト

高校1年
〜18歳

プログラム活動をとおして、自ら考え行動し、その結果に責任を負うことができることを目指します。

ローバースカウト

19〜25歳

自己研鑽、奉仕活動、社交活動などのプログラム活動をとおして、社会に奉仕する精神と体力を養うことを目指します。


ビーバー隊

カブ隊

ボーイ隊

 

スカウト活動は、1907年にイギリスで始まりました。2009年1月現在、世界では217の国と地域で2800万人以上がスカウト活動に参加しています。

ボーイとベンチャー年代を対象にした、「日本ジャンボリー」と呼ばれる日本全国規模のキャンプ大会には、世界各国からもスカウトが参加します。
2010年に富士山の麓で開かれた第15回日本ジャンボリーには、当団から9名のスカウトが参加し、イギリスの隊と交流会を持つ機会がありました。

世界規模の「世界ジャンボリー」も開催され、2005年のイギリス大会には当団から2名、2011年のスウェーデン大会には5名、2015年の日本大会(山口県)では10名が参加しました。2015年の日本大会の際にはベルギーのスカウト6名のホームステイを当団スカウトの家庭で受け入れました。

スカウト活動は、子供たちが世界と触れ合うことができる、数少ないチャンスのひとつです。