福井、赤兎山&初霜山登山
2010年5月1〜4(5)日     同行者:ST,SY,IS,NO,NM,MS,KK,HT
訪問先 福井、九頭竜川支流、打波川流域の山
5月1日:出発

集合5/1 22:00(大阪駅)22:20出発 

今年は山スキーのメンバーも集まらず、久しぶりに淀屋橋の春山山行に参加しました。
1日より4日まで、福井県の打ち波川周辺の雪山に行ってきました。
源流の小池まで車で入れる予定が、林道の通行止め。
やむなく鳩が湯でBC。
足慣らしに鳩が湯から赤兎山まで行く予定が、途中で時間切れ中止。
翌日は道迷い、藪漕ぎ、急な雪田の登りを繰り返して、何とか初霜山に登頂。
その夜の宴会の盛り上がったこと。
仲間は翌日に取立山に向かったが、Bergenは急用で帰神。
帰りの越美北線は、ローカル色豊かで中々楽しかった。

車の少ない東海北陸道を進む。
途中で仮眠。

白鳥ICを下りて、福井方向に進む。
以前の悪路は中部縦貫道の一部になり、快適に進める。
知らないうちに九頭竜湖を過ぎ、勝原から打波川に沿って北上する。
途中で幕営
5月2日:赤兎山

5/2 AM1:30長良川SA(仮眠)⇒4:00起床 4:40出発⇒6:30鳩ケ湯温泉8:15 鳩ケ湯温泉出発17:10 テント帰着

本来の予定は、小池からの三の峰登山だった。
でも、鳩が湯からの林道のゲ-トはシッカリ施錠されている。
それならば、今日は足慣らし(?)に(標高差1000m以上あるが!)
赤兎山に転進。これが非常に甘かった!
結果は、ルートを迷いに迷って、時間切れでアウトだ。
結論的に、このルートは一般的ではない!?

比較的順調に鳩が湯温泉までやって来たが、何ということ!
小池に向かう林道はチェーンが掛かって閉鎖されている。
路面の落石などで6月まで開かないという。

「仕方ないので、今日は目標を赤兎山に変更します。
ここから出発です!」

出発衣装に着替え、装備を点検する。

「此処からは、赤兎まで楽勝?(実は、錯誤の連続でしたよ!)」
登山口の鳩が湯温泉
最初は急な鉄製の階段だ。続いて林道を延々と登って行く。
途中で雪が少し出てくる。
植林の樹林帯を進むが、枝沢の渡渉点が分からない。
登山道はあるのだが、踏み跡程度で分かりにくい。
「これは迷った点に戻るしかないですね」

1時間ほど迷った末、漸く明確な登山道に出会えた。
しかし、所々で崩壊し、山肌をうねうねとトラバースしている危うき杣道である。
林道脇で休憩
やがて本谷の渡渉点である。
折からの雪解け水で増水している。
視界はやや曇り勝ちである。

「なんとか渡れるかもしれませんが、転石伝いに飛ぶのも問題ですね。滑ったら水の中にドボンですよ」

ここは安全策を取り、先行者にならって、少し上流のスノーブリッジを渡る。それまでの藪漕ぎが大変だ。
所々で登山道も崩壊している
渡った対岸より、雪が深くなる。
ここから山肌を巻くように夏道が延びている筈だが、リーダーは迷うことなく急な雪田を直登して行く!?
急斜面だから次第に高度を上げてゆく。
しかし間もなく急な草つきやブッシュに行く手を阻まれる。
「これはなかなか大変ですよ」
「しかし、目鼻の付くところまで登るしかない」


なかなかの藪漕ぎである上に、傾斜もきつい。
足の痙攣を起こすメンバーも出てくる。
藪で見通しも悪いので、休み休み登る。
途中から左手の谷筋の雪渓沿いに登り、藪漕ぎから解放されたが、
標高差はまだまだ遥かだ。
スノーブリッジを渡り、対岸の雪田を進む
漸く尾根沿いの疎林帯に到達。
視界も開けて快適である。
重い足取りもなんとか前に進める。
やっと主稜線に到着だ。右すれば赤兎山。
しかし遥かに遠い。標高差もなかなかである。
左は夏道経由で渡渉点。
さてどちらを取るか?
遠くに赤兎山を望む、ISさん
山頂までは1時間では無理である。
往復3時間かかろう。
そうなると、下山は暗闇の中である。
ヘッドランプを着けて、迷いやすくトレースの定かでない雪道を下るのはいささかリスキーである。

体力の限界近い面々や脚の痙攣気味のメンバーもあり。
ここでパーティーを2分するのも得策でない。
パーティーを分けて失敗したケースが頭を過る。
「名残は惜しいが、ここは下るのが賢明な判断でしょう」

山頂まで行きたそうであったリーダーも(撤退を)決断して、暫しコーヒータイムである。
赤兎山山頂まで、行くか行くまいか?
幅広い稜線を下りながら夏道の目印を探すが、どこにも見当たらない。いささか不安な気持ちで高度を下げて行くと、何処からともなく忽然とトレースが出現?!
「この足跡は?誰のトレースだろう?」
よくよく見ると、登りと下りの足跡が混在している。

「これはスノーブリッジを先に渡ったパーティーの足跡でしょう」
我々は夏道のトラバースルートを行かずに直登したのだったが、
彼らは(まっとうに)夏道伝いに登り、ここで引き返したのだ。

ここの雪の斜面の下りも結構な傾斜であるし、その先のトラバースルートも急激に高度を下げている。
夏山登山道に沿って雪の急斜面を下る
まあ、しかし、案ずることも無く、本流の渡渉点に到着です。
「スノーブリッジはまだ、安全に渡れますな!?」
しかし、もうすぐ崩壊するのは間違いないでしょう。
「ブリッジが崩壊すれば、(雪解け水で)水位も高いので渡渉は困難ですね!」

下山中のトラバースルートの崩壊面は、(行に大勢が通ったこともあり)比較的安全に渡れましたです。
スノーブリッジを渡る
登り道で迷った枝沢の渡渉点もあっけなく通過。
その下の鬱蒼とした植林帯の下りでまた踏み跡が不明瞭になる。

「このルートは(思いのほか)なかなかの難路ですね!」

結局は、微妙な目印を頼りに下りました。
「もう少し(出発時間とルート確認に?)余裕があれば、山頂まで行けたのしょうが」
赤兎山まで行けなかったのは、返す返すも残念でした。
「私は(この山は)未踏でしたから、次回にこの教訓を生かしましょう」

今夜は、鳩が湯温泉(近く)で宿泊です。
夕食<八宝菜>・アテがいっぱい・アルコール豊富で「楽しく宴会」しました。
林道まで下ってきました
5月3日:初霜山

5/3 4:00起床 朝食 6:00 出発 林道 6:30 さんきち橋鏡谷 6:50湿地(水汲み)9:20 1,260mピ-ク 9:40 初霜山(1,295m) 13:10 テント帰着 宴会 20:30 就寝 

今日は初霜山迄の往復登山です。
登山道もあやふやな、ブッシュの山です。
急登を登りますが,首尾は如何だったんでしょうか?。

 
登山口までは長い林道歩きである。
一見すると平坦なようであるが、結構な傾斜である。
今日は十分な時間がある。焦る必要はないので、ゆっくりと植物を確かめながら登る。

枝沢の脇に踏み跡がある。
谷の脇の登山道は、最初から極めて急な樹林帯である。
下りは気をつけないといけませんね!」
天気も良く心も軽いので、先を急ぐ。
やがて、「コゴミ」の密生した窪地(湿地)に到着。

すぐ右の踏み跡を辿れば、谷川で水が得られた。
「今日は暑いので、十分な水分補給が必須ですよ」
コゴミの群生(残念ながら長けている) 

ここからまた、踏み跡が不明になる。
また全員で道探しである。

漸く微かな踏み跡を発見。
積雪も出てきて、慎重に斜面を辿る。
結構、上り下りの多い尾根である。
「この山も藪漕ぎの山なんですね?」
時間の割に標高が稼げない!、と、思わず考えてしまう。

やがて木々も疎林となり、白山の本峰が見渡せるコルに到達した。
天候も快晴になってきました。
山の神さんに感謝!
 
初霜山手前の好展望地に出る
ここから山頂までは雪田が続いており、疎林でもあるので楽勝に到達。白山、別山の眺望が圧倒的である!
「素晴らしい存在感ですね!」
と、思わず唸ってしまう。

「今日は(藪山で困難な)初霜山に登れて幸せです!」
この時期であるから?我々以外には誰も登山者はいません。

「矢張り(中年好みの)渋い山ですね。
それにしても、標高は低いがルートファインディングが難しい山ですね。この高度差は、それなりのものですね」
白山の大展望
下るのも時間が掛かります。
「少し左手の尾根から下れば、ブッシュが避けれるのでは?」
雪田を少し下り、明瞭な踏み跡を見つけました。
下りりながら右手の沢の源頭の雪渓を探します。

「あの雪渓がそのようですが?」

でも、少し違います。
どうも1本尾根を来すぎたようです。
結局は登りのブッシュ帯を下りました。

「下りは登り程藪漕ぎが鬱陶しくないね!」
重力に逆らうのとそれを利用するのとの差でしょう。
「何事も自然体が肝要のようです」
雪田で道を探す

下りの途中にも、迷うところがかなりあり、慎重に下る。
概ねは、雪田を選んで下って行く。
所々止む無くブッシュの強行突破も必要である。
漸く到着した湿地で、今夜のおかずに山菜を少し摘んで帰る。
鳩が湯温泉手前の河原で

今夜は浜崎シェフが山菜を次から次に料理してくれる。
「美味しいです」

宴会は滞りなく進行して行くが、皆さん、明日の行程を問題視しているのだった。
ここから三の峰までは、過酷な林道歩きである。
その後も急な登り道で、目的の峰までの到達は疑問視される?
「さあ如何すべきか?」
晴れているので河原の風も心地よい
5月4日:(単独での)帰阪日
Bergenのみ、朝から、越美北線、北陸線を経由して大阪に帰りました。
久しぶりの連休山行に参加しましたが、山も楽しめ、懸案を解決できて大満足でした。

5/4 4:00 起床 朝食(急遽急用で帰る) 6:16勝原駅ー福井ー大阪ー神戸
昨夜は18:30 就寝 明日の予定は赤兎山を小原から登ろうということになった。
私は個人的理由で、急遽帰宅する。

「人間、必要な時は決断せねば!」

小原に向かう車を越美北線 勝原駅で降りると、20分後に電車が来ると!
「皆さん、ご苦労様でした。
私は時間的にラッキーです。
これから帰ると、昼過ぎには神戸に帰れるでしょう。
皆さん、今日は赤兎山に再チャレンジしてくださいしてください!」
駅前の花々の素晴らしさ

4日の登山は、中原から赤兎山への林道が閉鎖されており、取立山に転進した由。
この山域は魅力的な山々がそろっています。積雪期の林道歩きが難ですが、もう一度早い時期に挑戦したいものです。