東北の旅
2008年7月1日()〜6日() H隊長、,SY,IK,SY&Bergen 計5名

カランクルン恒例の「みちのくの旅」、今回は今年の第2弾です。
参加者はH隊長をはじめ、キリマンジャロ参加のSYさん(男性)、富士山でご一緒したIKさん、そして02年のモンブランのSYさん(女性)の5名。

幸いにも山行中は天候に恵まれ(車や宿泊時には雨も!)、
東北の百名山 6峰を何とか登頂出来ました。

淀屋橋山岳会と異なり、オートキャンプ場、コテッジやホテル泊など、快適すぎる(!?)環境で過ごせました。
やはり、これからはこうですかね?
(「そんなん、当たり前やデ!」との、H隊長の声が聞こえてきそうです)
東北地方北部(赤点線は無関係)
7月2日(水):早池峰山

9:15登山口 出発…コメガモリ沢…12:10山頂…13:40小田越 下山

まずは早池峰山です。
此処は前から行きたかった山でした。
天候に恵まれ、お花にも恵まれ、幸先の良いスタートとなりました。

早池峰山
花巻JCTから東和IC方面に向かう。
空は晴れ渡っています。
絶好の登山日和です。

「こんな日は遠くまで良く見えるでしょうね!」

登山口までは結構な距離ですが、やがて河原坊の登山口見えてきました。
「ここまで車で入れると、かなり楽です」
土日は通行規制があるので、山行予定を変更した甲斐があります。
登山口にて、Bergen&SY,IK,SYの各氏(右より)
今日は、河原坊の登山口から山頂を経て小田越まで縦走です。
この山域は、私も初体験です。
コメガモリ沢は水量が豊富です。
途中まで水が得られるのも、此処はいいコースです。

沢から離れ岩稜帯を進むと、流石に傾斜は急です。
標識が小まめに懸かっています。
急な反面、視界はどんどんと拡がって行きます。

「お花の宝庫ですよ!まさしく百花繚乱です」
山道を進みますと、花々が今を盛りと咲いています。

漸く見つけました。
早池峰ウスユキソウです。
早池峰ウスユキソウ
標識は何処まであるのか?
のぼりの人に聞きましら、
「100までですヨ」
まだ30なので、50くらいかと思っていた皆さんは、
がっくりです。

それでも、急な尾根道ですが素晴らしいお花畑の中を歩きます。
「雰囲気は最高ですね?」
急な登山路を登るSYさんー両脇は一面のお花畑だ
最後の急坂を上ると、山頂でした。
ここは色々な宗教関連の記念物のある山頂です。

登り道で見かけたよりも大勢の人が居られたのには、ビックリしました。どうも、小田越から登られて来られたようです。

「いやー、感激ですね。見晴らしは最高ですね!」
早池峰山山頂
山頂でゆっくりと休憩です。
「後は小田越まで降りるだけですよ!
楽勝ですよ」

上から見ても、峠は直ぐ眼下に見えているのです。

「さあ、ボツボツ降りますか?」
よく整備された登山道だが、これが中々遠い。
途中には、かなり長いはしごも出てくるではないか!

「これは甘く見てはいけませんよ!注意して下りましょう」
下りの梯子
巨石帯を越え、樹林帯に入ると傾斜も緩くなり、小田越に到着です。
なんと!、H隊長は30分ほど前から待機して頂いたようです。

早速、下山の記念撮影です。
「乾杯ー!」

その後は、遠慮なくビールを頂き、今夜の宿泊地のオートキャンプ場に向かいます。
下山口でH隊長がお出迎え、アリガタヤ!
今夜の宿は、岩手山の麓のオートキャンプ場です。
岩手山焼走り国際交流村!
(なんともすごいネーミングです)
温泉も付いており、至れり尽くせりです。

「本当に極楽ですね!」

目の前に岩手山が雄大に聳えています。
明日も晴れでしょうから、快適な登山が出来そうです。
「楽しみですね」
オートキャンプ場で宴会、H隊長 3日に続く
岩木山
早池峰山
岩手山
八甲田山
八幡平