2009年釣果
                           総評
解禁当初は数と共に型も良かったのですが長梅雨に悩まされ濁りで7月はほとんど竿を出す事が出来ませんでした。8月に入りようやく濁りも取れ本格化しましたが水量高に悩まされました。大きな淵や石が有れば水量高は歓迎しますが水路化された手取川では鮎の着く場所が無く逆効果で友釣りになりませんでした。そんな中、例年は釣りにならない中流域の白山堰堤〜天狗橋周辺で良型が釣れました。水量が落ちついた8月下旬からは上流部で大型が掛かりだしました。特に9月中旬以降の子持ち鮎は楽しかったです。残念だったのが最長記録が(26p超?)幻に終わった事でした。

6/10
予想どおり、今年の天然遡上は凄い量で〜す。只、白山堰堤からの水量が少ないのが気がかりです。解禁日は何処に入ってもコンスタントに釣れると思います。
6/16 中流部に入川、平日の解禁なのか人は少なかったです。多かったのが鮎でした。早朝からコンスタントに掛かり、一日の釣果では記録が出ました。102匹でした。100を超えたので2時に納竿、満足のいく解禁日でした。型も平均15p、大きい物では17p越えもいました。

満杯です。

102匹平均15p
大きい物で17p
6/17 中流部に入川、昨日の場所は先客がいてその上手の瀬に入りました。コンスタントに掛かりましたが10時頃からピタリと追いが止まりました。昼までに何とか49匹、昨日の疲れもあり昼で納竿。

中流域
6/19 中流部に午後から入川、3時間で20匹のスローモードでの釣果、13〜17pを20匹
6/26 本流に濁りが入り、支流の大日川に入川、コンスタントに釣れました。17pから21pを48匹でした。久し振りに大日川で鮎釣りを堪能しました。
7/6 今年初の上流部に入川、ほとんど濁りは有りませんでした。ハミ跡が余り見あたらず昨年から見ると大きな石が流されほとんどが岩盤になっていました。それでも、岩盤の凹みで掛かりました。46匹とコンスタントに掛かりました。綺麗なスマートな魚体に満足しました。
本流のスマートな鮎に満足 !
17〜20p
7/7 昨日と同じ上流部に入川、口掛かりが多くバラシも多かったです。午前中で38匹とコンスタントに掛かります。
活発に追ってきます。
16〜20p
8/5 1ヶ月振りに上流部に入川、17p〜22pがボツボツと掛かりました。午前中28匹をゲット、鮎の数は多いので川が落ち着くと面白くなります。

8/6
上流部の昨日と同じ場所に入川しました。対岸に1人入っていましたが竿が曲がりません。昨日より水量は減っていてほぼ平水、囮を出すと直ぐに追って来ました。掛かるではないか? 気分を良くして囮を出すがその後なかなか追って来ません。粘ってみましたが追ってきません。気が付くと温存してあった1級の場所に1人入川、この狭いところに・・・・我慢して最上流へ移動、ナント12連打、その後1級の場所が空いたので駄目元で囮を出すとここでも5連打、15pから22pと型にはバラツキが有りましたが3時間で18匹をゲット、昨日の今日と言うことで早々と納竿。

綺麗な魚体
8/17 久しぶりに上流部に入川、アブと格闘しながらの釣りでしたが全く追って来ません。
土用隠れのようです。何とか粘りましたが午前中4匹、早々と納竿。

精悍な魚体
8/24 1週間ぶりの上流部、かなりの水量高で釣りにならず6匹、早々と納竿しました。只、かなりの垢腐れなので一掃してくれればと思っています。

8/26
水量高なので例年は初期のみのポイント中流部の十八河原に11時から入ってみました。落ち込みのチャラで入れ掛かりで19匹をゲット、久し振りに鮎釣りの醍醐味を味わいました。
久々にチャラでの入れ掛かりに大満足 !
幅広の良型アユ
8/28 中流、下流部は一気に水量が(減水)元に戻りました。明島周辺をと思っていましたが「道の駅しらやまさん」周辺に入川、ポツリポツリでしたがほとんどが20p越えの幅広でした。慎重に寄せての取りこみに大満足の日でした。18p〜23pを19匹ゲット
大型に翻弄され納得の釣りに大満足 !
幅広の良型アユ
8/31 天候悪化が気になり囮交換だけでもと中流部に入川、追いは悪く何とか11匹を掛けたところで小雨が降り出し納竿、すべてが20p越えでした。
目印が軽快にぶっ飛び !
良型揃い
9/2 久し振りに上流部に入川、水量は平水に戻りましたが鮎が薄いです。12匹を釣ったところで後が続きません。無理をして対岸に囮を送って根掛かり、午前11時で早々と納竿。
走られ寄せるのに苦労した23pの背掛かり鮎
23pの良型
9/7 上流部に入川、水量は平水で濁りなしガンガン瀬で走られ糸を切られたり取り込みで失敗したりと大型を5匹ほど失いました。気を取り直して何とか12匹をゲットしました。小型が多く、23p級は1匹でした。

9/14 上流部に入川、水量はやや減水気味でガンガン瀬のみで掛かりました。他の場所は土、日と攻められたか全く掛かりません。子持ち6匹と寂しかったが粘っても無駄と思い2時間で早々と納竿。
9/17 上流部に入川、水温も低くそろそろ終盤といった感じですが鮎は錆びていません。7匹をゲットしましたが、帰り際に魚缶をひっくり返して5匹が逃走、これまでの記録更新(25、5p以上)が幻に終わりました。何とか2番目に大きかった25pの♀は捕まえることが出来ました。
これより一回り大きかった♀の子持鮎を・・・・・
25pの♀
9/18 昨日の逃走が頭から離れず、今日午後から入川しました。対岸に2人いたので今日は厳しいと思いましたがガンガン瀬は攻めなかったのかいきなり3匹入れ掛かり、それからもボチボチと釣れ、12匹をゲットすることが出来ました。子持ちの♀が多かったです。
私はこの時期が鮎釣りで一番面白いと思います。釣って良し、食べて良し最高 !!
25pオーバーは出ませんでしたが子持鮎に満足!!
子持ち鮎 ♀
9/24日上流部に入川、連休中は水量高でポイントの竿抜けを期待しての今日でしたが、予想通りにコンスタントに掛りました。大型は24p止まりでしたが20p以上の♀が多かったです。ダブルでの糸切れは痛かったで〜す。それでもこの時期で、この場所での22匹は記録です。
この時期での22匹は記録で〜す。♀は卵が一杯です。
子持ち鮎
10/1 落ちてるのを覚悟で1週間ぶりの囮をもって上流部に入川、大型24p級2匹が入れ掛かり ! その後が続きません。これまでのポイントに入れるが追いなし、2匹を追加して4匹で納竿。今年のシーズンは今日で終了です。