ルアーの部屋1

ありふれたトビーであるが、帯封が着いている事が
非常に気に入っている
黒金のゼブラ。
売りますのコーナーに出すか、
非常に悩んでいる。

つづく

タイガーとラパラが有れば湖のトローリングは
間に合った、色々行ってこれだけでは足りない事も、
知った、タダ私はオールランドはラパラと勝手に思い込んでいる、

タイガーのトボケタ顔が好きでソコソコの数を持つようになった。
このアイキョウのあるタイガーが好きな事で、
絶対、阿寒湖で必要なプラグと出合う。

戻る

昔から所有していた物でない
旭川市内の個人オーナー店で購入した

名前忘れました、リップの長いタイプは結構
北海道に有りますがこのタイプは少ない、
私の持ち物としてもプラグで沈むタイプは、
珍しいのだが何でも釣れて来る。

見慣れていない為か、
バス使用のプラグは以外と活躍する

何年前からこのシリーズがお気に入りです、
良く釣れます。
北海道人はあまり好きでないようで、
ラインを結ぶと鼻で笑われる。

最後に笑うのは私ですけど(笑)

ダンダンまた増えるプラグ、
タックルボックスに分けている
集めればソコソコの数に成って来ている

北海道ではイトウ釣りの定番レーベル、
イトウ釣りはメッタニ行きませんので、
何本もない

北海道のサケ釣りはドンドン進化していき、
内地のかたには受け止め辛い方向に有る。
国産ダイワシーバスハンター、14グラムしかないが
サケは良く釣れた。
沈むわけでもないし良い動きでないが、
サケには効く。
軽いのが難点で今では、タックルの隅で寝ている。

これ一個しかない、最後までタックルの隅で、
寝かせる予定だ。

大好きなラパラ、大きさは別として全種類購入して、
いるかもしれない。
レイクトローリングにはジョイント7センチを多用した。
特に赤金7Jが良く釣れる。
左の一番下、カラーリングを変えた物、
昔から一味違う物を作ろうとしていた。

タイガーも相当在庫として、
所有している、
北海道では今だ使い道が定まらない。

ブタマンシリーズには大よそ六種類ある、阿寒湖で、
最も釣れるのは右では上から三番目、
五種類とも釣れる。
ハンドメイドで同じものがナイ、
作れないが本音。
製作者から販売OKが出ている。
市販されている生きている魚にしか見えないクリアな
物より此方の方がハルカニ釣れる。
市販している物を釣れないと出しては問題あります、
から並んでいる画像は宜しくないので止めて置きますが、
釣れるとの評判のプラグだが阿寒湖では釣れない。

6.5センチ、ブタマン

阿寒湖ではアメマスを釣る事には苦労しない所であるが、
何時もの様に釣に飽き何の気なしにタックルを見ると、
愛嬌のある顔が見えた。
どう見てもつれそうには見えないのであるが、一流しした。

入れ掛かりなのだ、

今ではこれがナイと阿寒湖での釣りは面白くない。
釣れて当たり前に成ってしまっている自分に驚く。

ルアー2lへのリンク