普段使用するルアーは
プラグが多い
一番下は一般プラグ製品として、
市販されている。
上、四つは当方、
仲間のオリジナル製品。

お勧め2

↑トーチで暖めて潰す

道具として出しますが、お勧め品でもある、
お風呂の水を洗濯機に移す水中ポンプ、モーターそのものは12V,で
マリンポンプに変身出来る、
奥は20年使用(国産)海水で湖でも使用している、
電動バッテリーで乗り合いの船でも使用している。
とにかく安い、
2〜3千前後 だったと思う。

生け簀の循環にも使う。

カチカチルアーの最高峰の完成品。
今やトローリングの貝はヤコウ貝、
白丁貝の加工品がベストに成ったが
その前はこのルアーが、隠れた絶品だった、
確り市販されていた。
知る人知る幻のトローリングルアー、
百個以上北海道に持ち込んだが、知り合いに酒を
飲んだ勢いで差し上げたり仲間にプレゼントしたり、
今は10個はない、作り方は解るが、
製作者にはかなわないが、完成品は売る予定だ。

旭豊自動車工業 0166−36−2174
旭川市工業団地3条2丁目2-35
最近はトレーラ車検こちらにお願いしている、
船検も検査官が来る、
オナー自身もボート所有で(画像)
昔の職人カタギで気に入ってくれると、
どこまでも相談にのってくれる。

カチカチルアー何種類もある。
渋谷サンスイで買い求めた物も、
あるが、製造者とは親しく、一緒に良く釣りに出た。
この隙間が大事でナカナカ、まねできない。
柔らかく薄い、素材で素手で変形でき、
即座に動きを変えられる。
不規則な動きは魚には相当魅力あるようで良く釣れる。

船の艤装で書き込むのが良いのですがダンダン、
ページ作りも面倒になってきました。
ここに書き込みます。
昔から使われている椅子のキャスター車輪を外し、
艤装の基盤とする360度回転する物もあり、
エンビパイプ、を取り付けると変幻自在のトローリング
ロッドホルダーが生まれる。
スタイル悪いが安価で済む、
些少美しいのが好きな方は
黒のエンビパイプ、アルミパイプで見栄えも保たれる
好きな色に塗り替えも良い白は推すめ、
ただ塗料選択は難しいすぐ剥がれ落ちる物もある。

トレーラーのボルトの塩漬けを解除する、
トーチ、
左は家庭用プロパンボンベに口を付けると、
トーチに変わる。
トレーラーのタイヤ交換で工場に入れたが、
まもなく電話がありホイルが取れないドウスル、

トーチで炙る(あぶる)事すら知らないのだ。

日本の技術低下。これからの日本が心配だ。

裏側が空洞でボルトナットが締め付けれる所に
設置が望ましい、

救命胴衣保管場所、燃料タンク保管、生け簀。

メーカーでネジビスが効きます、
ここの所に艤装して下さい、
トの指定の説明書の所に艤装行うのがベスト
であるが、私は船に穴あけは、
妙に神妙に成るがゼンゼン
平気な方も居て穴あけが趣味に匹敵する
艤装には、関心もするし驚かされる。

実は貝の作りは難しくありません、
サンダーでカットしても、
ルアーに近い物が出来ます。
面倒な加工をしないでも、
そもままルアーとして使えます、
使えるか、全て貴方の感性なのです。

見て解るようにカットするだけでまさしくルアー。

そもそもが古代の釣り人が疑似餌として進化して来たのですが本州では色々な貝でヒットルアーが、
考案されていますが、試作品の考案はすぐれた釣り人で新たな釣り用具として表に出ている

表に出ない北海道産アワビルアーも、
こちらで独断的に釣れるルアーとして進化している

おすすめ品

手前はアンバサダー7000奥はオリンピック35年以上現役一度もこわれて、いませんがオリンピックリールはドラック調整に動物の皮で微調整できるよう改良しています。
アブはパワーハンドルに取り替えています。
アブは古いですが探すと以外に出ています。
7000はボールベアリングが付いていないタイプです。
ベアリング付きは7000Cですが、7000の方が安価の為購入した記憶がよみがえりました。

トップに戻る

二枚あわせのルアーの、内側にシールも貼る。
製造者の研究の追求は絶え間なかった。現在も市販されている様だ。
キャスト出来る物も有ったが、北海道では珍品。北海道でどうしても希望の方が、居ましたら連絡ください。