トローリングは通称大名釣りとも言われている、
ヒットも向こうアワセでアワセを行わない。
基本は疑似餌釣りが基本だ、ルアー、フライを使うが、

春はほぼ同じ所に魚が居着く、何十年も変わりません、余分なお金を使わず、
レイクトローリングの概要、阿寒湖でレイクトローリング、マスターしませんか。
気が向けば無料で、手おとり足を取り丁寧に教えます

動画にて全てを覚えれる様DVDに収めようと予定しています

仕掛けの工夫 沢山ありますし市販されている物の組み合わせで釣果は別として、
自分のオジリナルな物も出来ます、常に工夫です。フックに夜光のものを使っています。
全長約7p

基本的には私はルアー(スプーン)をあまり使いません。
トローリングには細身のスプーンが向いています。
スピードが問題ですがクルクル回るようでは良くありません
クルクル回らないとしても、風で押され以外にスピードが出てしまう事もあります。
何時間も同じスタイルで引く為予想とは違うスピードが加わりラインにヨレが生じヒットと、
同時にラインが切れる事はある事です。
ライン切れを防ぐ為ベアリング入りの、スイベル(サルカン) を多様します。
レットコアーラインは18ポンド以外、使いません。何十年も使用していますので、
一色流すとほぼ一m沈む事が確信している為です。
コアラインから幹糸は普段5〜7号の黄色い色の付いたラインを10〜15〜20m使用、春は長め
ボールベアリング入りのスイベル二つにフッラッシャー00番(集魚板)をツナギ、ハリス側にもベアリング入りスイベルを両端に1個づつ使う(左下@)


フラッシャーは無数に種類がある(左からA)仲間が作った7aのプラグ、
十年以上入れ食いが続いている(右)
何度直してもコワレてしまう。同じような物作るがコレニは勝てない。
ルアーの動きのテストはボート脇に竿先を突っ込んで動きを確認してスピードを決める。
使うルアーとスピードは確実に習得しておく一つの事柄です。











この釣りは最大級の地球を釣る事が当たり前の釣りです。
先輩からは地球を釣りる事を恐れない事が上手に成る事とも教えられた。

レットコアラインと黄色幹糸の結び方である、本来はコアラインの鉛を指でこし鉛がコア包みから出て見えてくる約10センチ程こし切る、鉛が抜けた跡に幹糸を針をくくらせ表包みに出し普通の針結びでツナグ、包みの中の幹糸をセメダインで固めるのが一般的だが、
とにかく地球をよく釣る
現場でコアライン、道糸、ハリス、ルアーともども失う事は珍しくない。
現場でも即、使える結びを普段使用している。

全体には左画面だ、鉛をぬいた包み表上で黄色幹糸をツナグ、左真ん中A鉛の抜けた包みに黄色幹糸を普通の針結びで結ぶ、ミソはコアライン側にダンゴ結びを作り、幹糸をクグラセる、
端は幹糸で団子結びで一直線真直ぐにし余分なラインをカットするだけで、ラインシステムは完了する。(左)




地球を釣る事が前提の釣りですから確りしたロットホルダーも必要(左から@)
常にリールのドラック調整も忘れない。
ロットホルダーごと道具一式湖に奉納は珍しい事ではない。
スタイルにコダワら無いのであれば、
竿はやすい物でもよい、投げ釣りの30号振り出しの3〜3.6mでも可能です(普段ヒメトロ用に使用しているが
コアライン、ナツメ使用としても使えるA)
レットコアラインを使わないのであれば、ナツメオモリでもすむ(B)
ただコアライン使用でもナツメを使う時もある変幻自在自由、な釣りである。
一番右の画像はペラ、フラシャー、アワビ、白丁貝、夜コウガイ、アメマスを釣る為、ヒメマスを釣る為の仕掛けとしては限定していない。組み合わせは自由です、釣れる所を選ぶ事が先、
阿寒湖の小さな湖でも居ない方向では半日棒に振る。

スクリュウの真後ろに取り付けるトローリングダンパー

戻る

レークトローリングの概要

人様のも有るが舟と合わないとドンドン在庫として増える電動の画像。
少し高いのだが無段速がベストだ。
船検も船舶免許も不要でも電動にも出力制限が有るようだ
後ほど調べ書き込みますが、詳しくはご自身で調べてください。

フライをトローリングする事をハーリングと言う。

@ハーリング

ハーリングは同じスピードの安定した速度では釣果にむすび付かない、
フライ用のフラシャーを作るかフライの巻き方で
フライ自身が動く工夫でヒットの確率が上がる。
ハーリングは手漕ぎボートが基本と言われる、
手漕ぎの強弱でフライにアクションを与える誘い釣りが、
ポピラーと言われる。

Aムーチング、  魚が回る所にアンカーを打って生餌で待ち釣り、コマセも使う事も言う、他にも
疑似餌を使わないトローリング、生エサを使う、湖は捕食される側の魚を意味するワカサギ、
小さなウグイ、ドジョウ、その他、セミ、カエル、ヤナギ、サシ、イタドリ、等々、直接針に刺し使うが、
カグラを使う方がポピラーだ、この釣りは竿先から目を離せない、ヒットがエサ取だけの可能性がある。
外れてもエサ確認の為、ラインを巻く、巻く事が面倒の為、エサが無くともカグラでもヒットさせる様に、
カグラ使用となる、魚から魅力的な美味しそうなカグラ作りも重要で、工夫が居るが、最終的には餌確認は行う。私は純粋に生餌だけではない、疑似餌も組み合わせる。ムーチングは生餌のみが正しいでしょうし、トローリングの中身とも取れます。生餌に差し込む針の方法、針の結び、ページが足りなくなります。私のは下の画像です

規制緩和で舟も遠い存在でなくなった、大きな釣具やさんでは、
エンジンが付いた物の展示販売も行っている、
船検も船舶免許も不要となった、このエンジンでトローリングスピードが保たれるかは解らなく、
確りした書き込みは出来ないが電動モーターも舟の大きさに左右される。
電動を購入しても舟と合わない可能性が出てくる。

Bヒメトロ、
さし、イタドリ、クリ虫、ヤナギ虫、使用の
ムーチングなのだが、ヒメマス釣りのトローリング様式、超デットスローでナツメオモリ、ヒメペラ、カグラ、
生エサ使用が仕掛け一式、電動を普及させた釣りとも言えるが、バッテリーが重い。
ここ何年も電動を使用していないエンジンにトローリングダンパーを付けて安定した釣りをしている。