ハーリングの言葉があるが、いざ行うと難しい、
シンカーラインでしずめ、タナ取りが、
大変難しいシンカーラインがドノ程度沈むか、
解らないのだ、解っても、
魚とのやり取りのさなか、巻取りのサイ
魚の力でハリスラインが、
フライラインに食い込みフライラインが
傷つく、表面が切れる事も珍しくない
対処方法は出来たが、
北海道ではシテいる方がいないので
次回にします。
ハーリングはヒットは多いが、魚の
手元、目視、確認までは難しい。
確認途中で、自然リリース(ブレーク)が多い。

フライ 2  (2008年)

使い古したライン、
ランニングの部分だが痛んでいなければ
保存しておく、他のラインともツナゲルし
重いラインは番の低いロッドの練習用に
ある程度振れる事が条件だが
渓流竿で毛鉤を打てる
テンガラ、ラインに使える
調整は切る事で重さを変える

フライB
フライ1に戻る

トップに戻る

ケースは二つ有るがリールが一個足りない。
何処に行ったか全く記憶にない
画像リールはハーリングに使用、
ラインはレットコアラインが巻かれている
一対2のギアでしたか、
随分使用した               →

外形はガタガタ傷だらけ風格がある 
悪くはないが巻き取りパワーがない
ハーリングはリール側にパワーは必要ないが
私的には不満だった    ↓

普段使用している
カーボン9フィート、ロッド
カーボンリール、
コートランド8番ライン、
ガイド、
スネークガイドを一切使用していません
トップを含めアイシーガイド、

ハンドメイドが流行りだした頃、
銀座でしたか新富でしたか忘れましたが、
マッキー・?今でも有るのか定かで
有りませんがブランクに詳しいショップが誕生した。
ココでロッド製作を覚えた。           →

2008年度ヒラメ用バケフライ
後何本か作る予定、
長さ12センチ以上に成った
                 →

私が巻いた無敵のパラシュート、
何と2008年一度も魚が、
噛付かない。

フライ用品として購入した二個目、
1個は無くした、
オモリの噛み潰しも付いている。
フライをつまむピンセットもある、
悪くはないが、
全く使用していない。
私の荒い使かい方に向かない。
壊れる。     →

相当前から使用している二個目
一番外のプラスチックガードは壊れてナイが
ビクトリアのフ一シャーマン?安価である

川で良く落す、無くした事もある、
落した時ガチャと音が出て欲しく
色々な物が、つながっている       →

Uターンした年、約27年前、
阿寒湖用にハーリングにフライフックで、
作った疑似餌。
全くヒットしない。
一匹も釣れない記念すべき疑似餌。
ほぼ、ベストシーズンでの時期で、
他の物では入れ食い状態なのだが、
こいつは全く駄目で驚きの為、
残しておいた。

← メードインあるぜんちな・・?名も読めない
アベール・だったか?待望のアンチロックリール、
定価7万ほどした記憶が有るが定かでない ↓

ハーリングに使用していたマーチン、
フライリール、ギアも付いている。
上もコレモ魚に引っ張られるとハンドルが回る
使うと使い辛い、
ハンドルが回らないアンチロック(?)機能が
ベストだが以外と少ない、
ロック付き、ハイギア付きと成ると、・・・、
私が知らないだけで記憶にない。